『逃げるは恥だが役に立つ』に出演中の大谷亮平 撮影/高梨俊浩 

「ドラマが始まる前と今はやっぱり違いますね。街でも何回か声もかけられましたし、友達も最初は自分が出ているから見てくれていたんですが、今は僕のこと関係なく楽しんでいる人が多くて(笑)。ドラマが面白いんだなって実感しましたし、とてもうれしいです」

 日本でモデルとして活動中に目がとまり韓国へ。その後、ドラマに映画にCMにと、韓国のみならずアジア各国で名声を博してきた大谷亮平(36)。今年4月、日本での活動をスタートし、現在は新垣結衣主演の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系 火曜夜10時〜)に出演中。第2の“ディーン・フジオカ”として脚光を浴びている。

「“そう言われるの嫌じゃないですか”って言われたりしますが、全然気にしていないです。むしろ、注目されるにはわかりやすいフレーズだなって。ディーンさんとは挨拶しかしたことないですが、僕も2〜3か月いたことがあるので、台湾の話とかしたいですね」

 演じるのは、結婚に興味がなく、ひとり暮らしを謳歌するハイスペックイケメンの風見涼太。

「僕も簡単に結婚ってタイプじゃなく慎重派です。結婚へのポイントですか? めちゃくちゃありますよ、絶対に言えないようなことも(笑)。でも、ひとり暮らしが長いので、一緒にいていい意味で楽にいられる人がいいです」