“恋ダンス”にはいろいろ思う節が……

大谷亮平 撮影/高梨俊浩 
すべての写真を見る

 劇中では、なぜか風見を女の敵と見なしている、男性経験ゼロの年上キャリアウーマン・百合(石田ゆり子)と恋の予感も!?

「最初からあんなにあからさまに嫌ってくる女性って、さすがに経験はないですよ(笑)。僕は付き合う人って、最初のフィーリングでだいたいわかるんです。この人、穏やかそうだし気が合うなとか。あと、人に合わせるタイプなので、芯がしっかりしている女性であれば、あまりこだわりません」

 ある共演者とは思わぬ接点があったようで――。

「新垣さんとは初共演。大人っぽいし、落ち着いていてまさにパーフェクトヒューマン(笑)。男性陣は、古田(新太)さんと藤井(隆)さんがよくグルメの話で盛り上がっていますね。

 そう、藤井さんとは大阪の実家がすごい近くて。さらに高知にいとこがいるんですけど、その隣の家が藤井さんのいとこだったんですよ。本当に偶然で驚きました」

 話題の“恋ダンス”にも挑戦!

「それに関してはいろいろ思う節が(笑)。もともとリズム感があるほうではなく、新垣さん、星野(源)さん、古田さん、石田さんと一緒に踊るので、とにかくフリを覚えようと毎日1〜2時間、自宅のベランダの窓に映る姿を見ながら練習していたんです。

 で、いざ撮影が始まったら、古田さんから“動き硬いね〜”って言われたり……。自分では普通だと思うんですが、身体が大きいからそう見えたんじゃないかなって(笑)。機会があったらリベンジしたいです!」