11月26日(土)公開の映画『疾風ロンド』で共演する阿部寛さんと大島優子さんが、2人の意外な関係性や撮影秘話を語ってくれました。

『疾風ロンド』で共演した大島優子と阿部寛 撮影/坂本利幸

──おふたりは、これまで共演経験はありますか?

阿部 映画では1回ありましたが、これだけガッツリは初めてだよね。

大島 そうですね。その前に子役のときも共演させていただいていて(※)。阿部さんとは現場ですれ違ったり、お見受けする機会が約10年おきにあるんです。なので、10年に1度のお方って印象です(笑)。

※ドラマ『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』(’01年)、映画『伝染歌』(’07年)で共演

阿部 (笑)。僕は最初、あれだけのグループ(AKB48)でトップを取られた方だから、すごくガードの固い子なのかなって勝手に想像していたんです。でも全然違って、撮影でお世話になった地元の人とすぐ仲よくなったり、気がついたらお宅にお邪魔して一緒にご飯を食べてて(笑)。すごく気さくだし、人との間に壁をつくらない人なんだなって。意外でした。

大島 はい、撮影中はすっかり地元の子になってました(笑)。

──野沢温泉での撮影はいかがでした?

阿部 僕より10日以上前から入って撮影していたから、そのぶん期間も長かったし大変だったでしょ?

大島 阿部さんのほうがもっと大変でしたよね。それまで天気がいい日が続いていたんですが、いらっしゃったら急に天気が崩れちゃったんです(笑)。

阿部 そう、初日がエベレスト(※)より寒くてビックリしたよ(笑)。

※2016年3月公開の映画『エヴェレスト 神々の山嶺』に出演

大島 前日、“阿部さん来るまで雪がもつかな”って、みんなで話していたんですけど、いらっしゃったと同時に大雪。一気に50cmくらい積もって、阿部さんのおかげです!(笑)。

阿部 雪男なので(笑)。本当、なぜか降らせるんですよね。