激突の危機があったとされるふたり
解散撤回を願う直筆署名がなんと25万人分も集まったSMAP。ファンは奇跡を祈り続け、その思いは中居にも届いている。だが、チーフマネージャーの離脱以降、事務所のSMAP担当班はガタガタ状態。年明けの木村と中居の出演番組がなんとかぶってしまったという――

 SMAP解散まで、あとひと月と少し。しかし、ファンはまだ“奇跡”を信じている。

「SMAPファンの有志が『5☆SMILE』という団体を結成。これまでにも『世界に一つだけの花』のCD売り上げを300万枚に到達させる運動などを行ってきましたが、このまま12月31日を迎えたくない、という思いから、ファンが“直筆署名活動プロジェクト”をスタートさせたんです」(スポーツ紙記者)

 地道な活動が実り、10月31日までに25万人分を超える署名が集まったという。

「メンバーは70人ほどで、ほとんどは主婦の方。みなさん手弁当で参加しています。すでに署名は締め切りとなっていますが、引き続き団体にはたくさんの署名が届いているようで、現在は締め切り以降に届いた署名を集計しているところだそうです」(前出・スポーツ紙記者)

 また11月1日には、地方紙を中心とする新聞各紙にファンが有料の個人広告を使って、SMAPに向けた応援メッセージを届けた。

 あらゆる手段を使い、ファンはSMAP存続を求めている。その思いは届いていた。

中居の担当美容師のブログ。おそらく中居のものと思われる衣装の写真が添えられていた

「15年以上にわたって中居クンのヘアを担当している美容師・Aさんが、自身のブログで中居クンの発言を明かしたのです。そこには、ファンの熱い思いや行動に感激していたことが綴られていました」(ワイドショースタッフ)

 11月13日に更新されたAさんのブログには、親しい関係だからこそ聞けた中居の本音が記されていた。

《署名活動のことなど知っていましたね〜 皆よくやってくれてると、、、すげーよな、、、ファンのみんなの事、もっと考えないとな〜 やはり考えているんだなと思いました》

 すでに削除されているが、思いが伝わったことは確認できた。しかし、中居がファンの思いに応えたくても、周りの状況が悪化している……。