取材したら、誰も恋愛していなかった

小説『四月になれば彼女は』を上梓した川村元気さん 撮影/森田晃博

 今年、映画史に残る大ヒットとなった『君の名は。』、そして『怒り』『何者』……すべてプロデュースはこの方、川村元気さん。当代随一のヒットメーカーである川村さんの、発売されたばかりの待望の新刊『四月になれば彼女は』(文藝春秋)は恋愛小説! 待ってましたという方も多いのではないでしょうか。

「人は、自分の意志でコントロールできないものが3つあります。死とお金と恋愛です。『世界から猫が消えたなら』では死を、『億男』ではお金をテーマに書いたので、今回は“恋愛を書く”と決めていました」

 主人公は、30代前半の精神科医・藤代俊。3年交際している獣医師の弥生と婚約中ですが、ふたりは2年前からセックスレス。熱い想いはもう消えています。そんな彼のもとに、大学時代の写真部の後輩・元恋人のハルから手紙が届きます。4月はボリビアのウユニ湖、7月はチェコのプラハ、10月はアイスランドのレイキャビクから……なぜハルは旅先から手紙を送ってくるのでしょうか? 

 物語は読者と藤代に小さな謎を投げかけ、現在と過去を行き来しながら進んでいきます。

「この小説を書くにあたって、30代から50代の男女100人以上に話を聞いたんですが、誰も熱烈な恋愛をしていなかったんです。驚きましたね。男女が愛し合っている話を書こうとしたら、モデルになる人がいなかった。ならば、恋愛していない人たちが恋愛を取り戻そうとする物語を書こう、それもユニークかもしれないと思いました。

 一方で、本当にそういう気持ちが僕らの中から消えたのか、問いたいという思いもありました。誰かが好きで、苦しくて、嫉妬に苛まれたという経験をほとんどの人がしているはずなのに、10年20年たってくると、みんなドライにやり過ごしている。なぜなんだろう? その答えを探しに冒険に出たという感じですね」