11月18日、千葉県香取郡神崎町で53歳の息子が89歳の母親を殺害した。現行犯逮捕された息子は「介護に疲れた。もう限界だった」と供述しているという。介護に専念するつもりだったのか、9月に仕事を辞めていた息子。悲しい結末を止めることはできなかったのか──。

独身で母親と2人暮らし

「介護に疲れた。限界だった」

 89歳の母親・宮崎スイさんを絞殺した無職の長男、宮崎一明容疑者(53)の疲労度は、今にして思えばいつもとまるで別人だった。周囲の目にはそう映っていた。

 近隣の50代の女性は、10月末、母の初七日に線香を上げに来てくれた一明容疑者の変わりように驚いた。

「ゲッソリやせて、元気がなく、急に老け込んだようでした。“最近、ご飯が食べられなくて”って話していて……」

 9月に会ったという同級生は容疑者の心情を推察する。

「うつだったんだろうな。いろんなことが重なって追い詰められていたんだと思うよ」

 事件は11月18日、容疑者の110番通報で発覚した。

「母を殺した。ロープで首を絞めた」

 千葉県香取郡神崎町。付近には利根川が流れ、自然豊かな田舎の住宅地だ。

 警察より先に駆けつけた救急隊員が発見したのは、首にロープが巻きつけられ、ベッドに横たわるスイさんだった。

 救命活動により一時蘇生したが、搬送先の病院で午前11時31分、死亡が確認された。

 居間で放心状態の一明容疑者は、殺人未遂で現行犯逮捕され、その後、殺人に容疑を切り替えた。捜査関係者は、

「一明容疑者は独身で母親と2人暮らし。母親は要介護3で、介護サービスも利用していたようです。自分も死のうとしたと供述していますが、実行には移していなかったですね。郵便局に勤めていましたが、9月に退職しています」

 それからわずか3か月後の事件に、近隣に住む女性は涙ながらに語る。

「一明くんはまじめで物静かな人でね。車で病院の送り迎えもしていたし、散歩するスイさんにいつも付き添ってね。本当に一生懸命だった」

「母親の認知症はそんなに重くなかった」と警察は言うが……