さまざまな伝説が語り継がれる1970年代〜'90年代のアイドル。若手アイドルが往年の名曲をカバーする例は数知れず、また、中森明菜の7年ぶりのディナーショー“復活”が注目を集めるなど、今でも話題に事欠かない。

 この時代に活躍したアイドルについて、『週刊女性』ではアンケートを実施。わずか6日間で466票が集まり、根強い人気をうかがわせる結果となった(下表参照)。

いちばん好きな'70~'90年代アイドルランキング表

 特に、男性1位の田原俊彦にはラブコールが殺到!

「『チャールストンにはまだ早い』の歌とダンスは田原俊彦なくしてはありえない」(70代・主婦)

「私の王子様。初めてのコンサートもファンクラブもトシちゃん」(40代・会社員)

「キレキレのダンスと生歌でごまかしのないステージ。本物のスター」(40代・職業不詳)

「逆境に負けず今も歌って踊り続ける人としての強さを尊敬」(40代・会社員)

 2位の光GENJIに対してはこんな意見が。

「上半身裸で歌う姿に衝撃を受けた」(30代・主婦)

「ローラースケートが斬新。コンサートはおとぎ話の世界にいる感覚だった」(40代・会社員)

「ケガをしていても笑顔で踊るプロ根性に励まされた」(40代・主婦)

 3位の西城秀樹は「絶唱型はヒデキしかいなかった」(50代・会社員)、「ペンライト、アクション、武道館公演など今の音楽界の先駆者。私のすべて」(50代・職業不詳)というように、規格外のアイドルの登場にハートをわしづかみにされた女性が多数。

 また、「寝ても覚めても秀樹秀樹秀樹。青春=秀樹」(50代・会社員)という声も。

 4位は解散を発表したSMAP。「元気をくれ感動をくれる。ひとりひとりより、SMAPという集合体が好き」(50代・主婦)という意見が寄せられた。

 5位は郷ひろみ。

「歌、踊り、芝居、立ち居振る舞い、発言、何をとっても超一流。彼こそキングオブアイドル」(50代・会社員)