人生をやり直すためにやって来るタイムトラベラーを取り締まる戸籍監理課のメンバーのヒューマンドラマ『リテイク 時をかける想い』(フジテレビ系・オトナの土ドラ/土曜夜11時40分~)。不思議なSFのこだわり、大人が楽しめる見どころは?

>筒井道隆と成海璃子がタイムトラベラーを探し出す (C)フジテレビ

未知の存在に右往左往する現代人を描く

 タイムマシンもハイテク機器も登場しない、一風変わったSFがスタート。舞台は現代。人生をやり直すためやって来たタイムトラベラーが引き起こす問題に、戸籍監理課に所属する主人公が立ち向かっていく。

あまたあるタイムトラベルものとは違う発想で作りたいと思ったんです。さらに、映画『シン・ゴジラ』のように未知の存在に右往左往する現代人を描こうと考え、企画したのが本作です。

 SF作品を食わず嫌いしている方にもお楽しみいただけるよう、日常と地続きにありそうな世界観づくりにこだわっています」(後藤勝利プロデューサー、以下同)

 主人公の新谷真治を演じる筒井道隆は、連続ドラマ7年ぶりの主演。新谷とともに行動する那須野薫役に成海璃子、2人を後方支援するパート職員のパウエルまさ子を浅野温子が演じる。

 エリート街道まっしぐらだったが、キャリアや家族、友人、すべてを失った新谷。現在は法務省民事局戸籍監理課の課長だ。同僚から閑職と思われているが、実は法務大臣政務官(木下ほうか)からの極秘指令が下されていた。それは“リテイク(タイムトラベル)”してきたオバケ(未来人)を見つけだすこと。

 目印は、白い服を着た人物。リテイクすることで着衣は白く漂白されてしまうためだ。リテイクは1度きり。元の時代に戻ることはできないので、オバケは必死に行動を起こす。新谷と薫も、そんな彼らが現代に影響を及ぼすのを食い止め、現代人の混乱を防ぐために真剣だ。