『真田丸』できりを演じた長澤まさみ (C)NHK

「きりは“乙女心”を持っている人で、信繁に対しては“恋心”しかない人。常に恋をしているのが彼女の基礎なんだと」

 12月18日、ついに最終回を迎える『真田丸』。信繁(堺雅人)の幼なじみで、彼の生涯に寄り添い、一途に思いを持ち続けるきり。そんな彼女も物語の序盤では、“言葉遣いがおかしい” “なぜタメ口?”と口撃されていた。

「初めのころ“うざい”と言われたとき、共演者のみなさんが私が落ち込んでいると思ってか、慰めてくれました。“でも、いい役だと思うよ”って。私自身は別に落ち込んでいなかったんですけどね(笑)」

 賛否両論があったきりというキャラクター。しかし、話が進んでいくうちに視聴者からも、“健気でかわいい” “頑張れ”という声のほうが大きくなっていった。

「常に正論を言ってしまう“うざったさ”が、大人になるにつれ、“いいこと言うじゃん”と周囲の評価が変わったんだと思います。根本的に、きりは何も変わっていないと思います」

 48話で、佐助(藤井隆)からのプロポーズを受けたきり。間髪いれずの“ごめんなさい”が話題になったが、

「三谷さんから“ひとり、きりに恋をします”と言われまして。誰ですか? と聞いたら“佐助です”と。私は、過去に出演させていただいた『功名が辻』『天地人』ではどちらも忍びの役だったので、その名残を私に向き合わせてくれたのかなと思いました(笑)」