犯行直後の植松容疑者(ツイッターより)

「1年ほど前から“障害者は生きている価値がない”などと口にするようになり、急におかしくなった。しかし、その原因はいまだに俺らも正直いってわからないんです」

 植松聖容疑者(26)の友人はそう振り返る。

 かつて勤務先だった神奈川県相模原市の障害者施設『津久井やまゆり園』に真夜中に忍び込み、就寝中の入所者19人を刺殺するという戦後最大級の殺人事件を引き起こしたのは7月26日のこと。凶行の約5か月前、衆院議長公邸に赴き、「私は障害者総勢470名を抹殺することができます」と犯行の手口まで記した予告文を渡していた。

 奇怪な行動を追えば追うほど正体のわからなくなるこの男。暴力団員でもないのに全身に入れ墨を彫っていた。

あれは1回で入れたのではない。大学時代から1回2万円で胸に獅子と金魚、太ももにゲゲゲの鬼太郎、腹に蛇、背中に『面散らし(般若やヒョットコなどのお面をちりばめた模様)』と徐々に入れていったんです」と前出の友人は説明する。

 若者がイニシャルを彫るようなタトゥーではなく、“和モノ”の図柄をびっしり。ゲゲゲの鬼太郎だけ違和感が際立っている。前出の友人の話。

何事も長続きしないやつでしたが、オカルトにハマっていたことがある。約1年前にはオカルト系で謀略を予言するイルミナティカードや、大量虐殺をしたヒトラーのサイトに夢中になっていた

 鬼太郎は言わずと知れた妖怪である。分類はオカルトというよりも人気アニメだろうが、植松容疑者はなぜオカルトに引き寄せられたのか。

漫画家の母親がオカルトやホラー系の作品を描いていたようだ。その影響を受けた可能性は否定できない」と全国紙社会部記者。