紅組司会は有村架純

5人でやるのとは全然違いますね。大変なところは櫻井くんがやってましたから。5回やっても、1年分やってないですもん(笑い)
 
 12月31日放送の『第67回紅白歌合戦』で、白組の司会を担う相葉雅紀。5年間、嵐のメンバーとともに経験したことはあるが、ひとりで生放送の司会を務めるのはかなりの重責だ。

 冒頭のように囲み会見で自虐した相葉だが、12月30日からは、カメラリハーサルでの司会進行が始まった。しかし、

紅組の有村架純さんだけではなく、総合司会でNHKアナウンサーの武田真一さんも紅白の司会をするのは初めてです。相葉さんもご存知の通りあの天然キャラですから“ちゃんと進行できるのか?”と心配の声も上がっていました」(芸能プロ関係者)

 同じジャニーズ事務所で、朝の情報番組『白熱ライブビビット』(TBS系)で司会を務める国分太一は、相葉についてリハーサル後の囲み会見で問われると「多分、だめじゃないですか?(笑い)。でも、きっと頑張ってくれると思いますよ」と、笑いを誘う。

 一方、キャスター業で活躍する櫻井翔も「ある程度のハプニングは期待しますね。きっちり、かっちり、それは相葉くんにはちょっと求めてないです。ミスを恐れず攻めて、相葉くんらしい司会を見たいですね」と、背中を押す。

 この日のカメラリハーサルはRADWIMPSからスタート。しかし、司会の2人は序盤だからか、緊張が隠しきれない。

「島津亜矢さんの『川の流れのように』を紹介する場面では、相葉さんが“しみゃ、島津亜矢さんです”と話すと、有村さんが“みそばひら、美空ひばりさんの名曲です”とつられてしまっていました」(取材にあたった男性記者)

 時間が経つにつれ、相葉も落ち着きを取り戻し始める。

「司会者のために、客席後方に設置された電光掲示板には台本内容が字幕で表示されるのですが、それの通り読んだところで個性が出ません。相葉さんは、少しずつアレンジしてコメントし、彼の色を出していました。

 星野源さんの『恋』の曲紹介では“僕らも(ダンスを)やろうね!”“やります!”と、有村さんをリードしていました」(取材に当たった女性記者)

 共演者とも積極的に会話するなど、舞台上でも一生懸命な相葉。そんな彼をサポートするのは、やっぱり嵐の4人。