飲食店などのテナントが入る羽賀のビル群。地元では彼の所有物件として有名で週末の夜はかなりにぎわう
 ワイドショーをにぎわせてきた羽賀研二。そんな彼は'13年に懲役6年の刑が確定し、現在も沖縄刑務所に服役中だ。その事件の被害者であり、大阪市内で不動産業を営むY氏は'11年から、羽賀に対して3億9000万円の損害賠償請求を行う民事裁判を起こしている。
 
 裁判当初、羽賀サイドは“お金がないから”ということを理由に「数百万円しか払えない」という主張を行い、和解の申し出をしてきたこともあったそうだ。

 時が経った'16年10月27日。大阪地裁はY氏の主張を認めて全額分の支払いを羽賀に命じたものの、その翌月中にも大阪高裁へ控訴が行われたのだという。不思議に思ったY氏が羽賀の財産を調べてみると、資産性の高い不動産を所有していることがわかったーー。

 そこで、羽賀が持つ物件を確認するために沖縄へ飛んだ。彼が所有する3棟のビルは、海沿いの有名リゾート地にある。1つのビルを挟んで3棟は並ぶように建っている。

この場所は夕日の眺めがきれいだと有名な場所で、地元の人だけでなく観光客や米兵なども散歩やデートなどで訪れます。夜になれば、昔、羽賀さんが店を出していたアメリカンビレッジなどの夜景がとても幻想的なんですよ」(地元の住民)

 そのためか、羽賀が所有する3つのビル(上の写真1〜3)には7軒の飲食店が入居。それ以外に音楽教室や幼児教室に貸しスタジオ、そして住居もある。ここには在日米兵と思われる人たちが入居しており、空室はなさそうだ。

「穴場のおしゃれスポットとして、この一角は人気があるんです。うちは5年くらい前から出店していますがテナントや部屋が空くとすぐに次の借り手が見つかるようですね。家賃は具体的な額は言えませんが、20万円から30万円の間くらいですよ。羽賀さんは何度か来てくださいました」(羽賀のビルに出店している飲食店オーナー)

 収監前にはほかの店舗にもたびたび訪れていたようで利益を生むビルを羽賀はとても大事にしていたようだ。だが、A子さんの姿を見たという人はほとんどいない。

「奥さんは1度しか会ったことがないですね。ウチの店舗で排水管がおかしくなってしまったので、相談したことがあったんです。そのとき、刑務所にいる羽賀さんに代わり、奥さんが対応してくださった。とても感じのいい人でしたよ」(別の飲食店オーナー)

 また、この物件が人気なのは、沖縄特有の理由があるという。

「まあ、このあたりは米軍基地が近いし、週末ともなればかなりにぎわうからね。それに、米兵は入れ替わりが激しいけど、相場より高い家賃で借りてくれる。軍が保障してくれるから、家賃を取りっぱぐれる心配がないからね。築年数は古いけど借り手は多く見込めるだろうし、あのビルなら今でも1棟1億円くらいで売れるんじゃないかな」(地元でビルを経営するオーナー)

 それでは、羽賀が持つ6つの物件は、どれほどの資産価値があるのだろうか。