加藤シゲアキ

ふつうはプロデューサーやディレクターなどが内容を決めて進めていくんですけど、加藤さんはご自身で資料本を探したり、試食をしたりして、人任せじゃないんですよね」(テレビ局関係者)

 NEWSの加藤シゲアキが金曜レギュラーを務める『白熱ライブ ビビット』(TBS系)。その冠企画「カトシゲのお取り寄せハウス」が注目を集めている。その道のプロからオススメの食べ物を教えてもらい、かつ自分でも料理に挑戦したりするコーナーだ。

 お茶漬けをテーマにした1月13日の放送でも「人任せじゃない」姿勢はいかんなく発揮され、

鰻に玉露を注いだり、ふつうの人には思いつかないことをしていましたね。しかも玉露の淹れ方もちゃんと正しい知識を持っているんです

 と前出のテレビ局関係者。

「50〜60度に冷ました湯でゆっくりゆっくりと注いでました。共演している言語学者の金慶珠さんが“もっとジャーッと淹れなさいよ”と言っても“いえ、だめなんです。こういういいお茶は低温でゆっくり淹れないと甘味に変わらないから”って」

 ゲスト出演した料理研究家の八代恵美子さんも、

いま、おだしに粉だしを加えるのが流行っているとかもご存じで、鯛のお刺身のお茶漬けをご紹介したら、どこそこの何々も生で食べられますよねって、それ以上の知識が出てくるんです

 梅干しの入ったお茶漬けを口にすれば「梅の酸味がだしのうまみの甘味と合っているから」と的確にコメント。

食レポも経験に基づいた言葉なんですね。実際に梅を漬けているそうです。最初は梅酒を作ったけど、あんまり飲まないので梅干し漬けにしたとか」(八代さん)