松本潤

 昨年12月3日から帝国劇場で行われていた舞台『ジャニーズ・オールスターズ・アイランド』(通称:ジャニアイ)。ジャニー喜多川氏が作・構成・演出を手がける4年ぶりの新作で、1月24日に千秋楽を迎えた。

全部で3幕の構成。1部は過去、3部は未来を描くということは発表されましたが、2部だけは開演するまで内容がわからなかった。

 ふたを開けてみれば、2部は日替わりゲストが登場するという演出でした」(スポーツ紙記者)

 玉森や同グループの藤ヶ谷太輔、Sexy Zoneの佐藤勝利などが主要キャストを務め、デビューを目指す50人以上のJr.が出演する豪華舞台。そのうえ日替わりのサプライズゲストが出演するとあって、チケットは全日程即日完売となる盛況ぶりだった。

「初日はゲストの東山紀之さんが『仮面舞踏会』を披露。千秋楽はKinKi Kidsの堂本光一さんが登場しました。ほかにも滝沢秀明さんやSexy Zoneの面々など、舞台になじみのあるタレントが出演しましたが、それだけではなかったんです」(前出・スポーツ紙記者)

 ゲストだけで40人以上のジャニーズタレントが登場。その中にはTOKIOの松岡昌宏や関ジャニ∞の渋谷すばるなど、舞台よりもテレビ出演が多いメンバーの姿も。極めつきは嵐の松本潤の登場だ。

千秋楽の1日前にゲスト出演した松本さんは、嵐のコンサートツアーでも行った『DJ MJ』姿で登場。ゲストはそれぞれ本人がプロデュースしたステージを行うのですが、松本さんは『ジャニアイ』にちなみ、歴代グループの曲をDJ方式で披露したんです」(当日観劇したファン)

 さらに松潤の粋な演出が、帝国劇場を訪れたファンを沸かせたという。

『ジャニアイ』のチケットは即日全席完売という人気ぶり

「曲ごとに違うJr.を登場させ、舞台に出ているメンバーを2幕の間に全員出演させたんです。

 もともと、ジャニーズの舞台はJr.を見に来るお客さんがほとんど。ほかのゲスト出演者のときには、こんな配慮はありませんでした」(前出・当日観劇したファン)

 今回の一件で、大きく株を上げた松潤だが、「ジャニーさんと仕事をするのは15年ぶり」とステージ上で語ったほど、舞台出演は極端に少ない。ほかにも、普段は舞台に出ない珍しい顔ぶれが相次いでゲスト出演しており、『ジャニアイ』は、これまでの帝国劇場の公演とは明らかに違っていた。