戦後70年には、慰霊のためパラオを訪問された('15年4月)

 2月18日から20日までの旅程になりそうな皇太子ご夫妻の北海道訪問について、「まだ正式発表はありませんが、雅子さまは冬季アジア大会の開会式などに出席のため、札幌市を訪問することで検討が行われているようです」と話すのは宮内庁担当記者。

 '03年2月に青森県で開かれた大会に出席されて以来となるが、雅子さまが意欲を持たれている理由について、この記者が続ける。

「当初、大会組織委員会は陛下の出席を求めていましたが、開催時期が北海道の厳冬期になるため、陛下の年齢を考慮して皇太子さまが名代(代行)で行かれることになりました。となると、雅子さまは美智子さまの代行となり重責です。陛下の譲位に関連した本格的な議論も始まり、皇后になる日も近い雅子さまにとっては、出席しておきたい公務だと思います」

 1994年に広島県で開かれた夏季アジア大会のときには、開会式に出席後、その足で関西国際空港から、直接フランスとスペインを訪問された両陛下。

 現在は80歳を越えた年齢で、もはやご体調問題は避けて通れないようだ。

陛下は'12年に、心筋梗塞などのリスクがあったので、冠動脈のバイパス手術をされました。

 循環器系の専門医の話では、そんな方が83歳で厳冬期の北海道で公務を行うのは医学的にリスクが数倍になるとのことです

 そう話すのは、元宮内庁担当記者で『天皇陛下の全仕事』(講談社新書)の著書もある産経新聞の山本雅人さん。

「2月下旬のベトナムなどの訪問も考慮すると、厳冬の北海道に行くのは体調的にも厳しいからかもしれません。

 いちばん危ないタイミングは血圧が急に上がるときらしいのですが、車から会場に入る一瞬でも寒いところを歩くと血圧が一時的に上がりますのでリスクがあります。

 さらに式典に出られると、精神的にも大きな負荷がかかり、血圧が上がる要因になります」(山本さん)

 折しも、昨年まで両陛下が5年連続で参列されていた3月11日の東日本大震災の追悼式には、秋篠宮ご夫妻が出席されることが決定。

阪神・淡路大震災の追悼式にも両陛下だけではなく、皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻が参列された前例もあるとの説明がありました。

 しかし、陛下の譲位に向けた公務の負担軽減や若い世代への引き継ぎという意味合いも含まれているのではないでしょうか」(冒頭の記者)