キレのあるパワフルなパフォーマンスと、親しみやすい等身大の笑顔で見る人をつかみ離さない韓国出身のヒップホップグループ・防弾少年団。日本デビューから2年半、人気&実力ともに拡大速度が半端じゃない7人の素顔に接近!

防弾少年団 撮影/廣瀬靖士

──日本活動2年半の集大成となる初のベストアルバム『THE BEST OF 防弾少年団』が発表されたばかり。思い入れの深い曲はありますか?

J‐HOPE「『FOR YOU』です。正式に出した初めての日本オリジナル曲だから、意味深い曲だと思います」

SUGA「僕は『I NEED U』の日本語バージョンです。日本語の歌詞が、韓国語と少し違って好きな感じだから」

──これまでの日本での活動で、印象に残っていることは?

JIN「これがっていうのではないんですが……。僕は、コンサートの最後の曲のときはいつも、会場全体を見回すんです。そのとき、うれしいとも悲しいともつかない、何とも言えない気分になるんですよね。そういったエンディングの余韻がいちばん印象に残っています。毎公演、本当に胸がいっぱいになります」

JIMIN「初めてのショーケース(’13年12月)では、500人くらいのファンのみなさんの前で公演をしたんです。ライブの回数を重ねるたびに、会場もだんだんと大きくなって。最近は、アリーナツアーでたくさんの方に会えるようになりました。その都度、感動しています」

SUGA「サマーソニックやa‐nationといった大きな音楽フェスに参加できたことも、本当にうれしいです!」

──昨年はアジア最大級の音楽授賞式『2016 Mnet Asian Music Awards』で最優秀アーティストに贈られる“今年の歌手賞”を受賞。ステージ上で涙を見せていましたが。

SUGA「受賞の言葉を聞いたとき、練習生時代からの7年間の記憶が次々に思い浮かんできました。苦労したこと、うれしかったこと。いろんな思い出が頭の中をぐるぐる回って、胸がいっぱいになって。気づいたら泣いていました。どうしても止められなかった……」

JUNG. KOOK「僕はA. R. M. Y(アーミー:彼らのファン)のみなさんたちに、とても感謝する気持ちがあって。何があってもステージの上では泣かないようにしようと思っていたのに、ファンのみなさんの姿を見たら、涙が出てきちゃって。僕らと一緒に苦労をして応援してくださったから。それで、あまりに感動して泣いちゃったんです。本当に僕は……、僕らはとても幸せ者です」

RAP. MONSTER「あまりに幸せだったので、香港から帰国して、みんなで一緒にごはんを食べに行きました! パスタとかピザとかを注文して」

J‐HOPE「ちょうど、受賞の翌日はJIN兄さんの誕生日でもあったので」

V「そのお祝いも一緒に」

JIN「すごーーくおいしいものを食べました(真顔)!」

J‐HOPE「食事しながら、メンバー同士で昔話をしたりして」

JIMIN「楽しかったね」