クラウドワークス上のプロフィール写真

 '16年7月、診療報酬を水増し請求したとして詐欺罪に問われ、東京地裁によって懲役3年・執行猶予4年の有罪判決を言い渡された医師で元タレントの脇坂英理子氏。その約3か月後には厚生労働省が、医業停止3年の処分を発表している。

「タレント時代はバラエティ番組に頻繁に出演し、ホストクラブで豪遊する姿や派手な私生活が話題になっていました。判決が出てからすぐにtwitterを再開して、最近ではInstagram(インスタグラム)も積極的に投稿しているようです」(スポーツ紙記者)

 そんな脇坂氏の現在を取材すると、『クラウドワークス』というウェブサービスで、記事執筆などを行うライターとして登録されていることがわかった。

 同サイトはクラウドソーシングで仕事を受発注できるサービスを展開しており、彼女は医療系の原稿の執筆をしているという。

「クラウドソーシングはDeNAが運営する健康情報サイトで起きた一連の不祥事、いわゆる“WELQ問題”でも話題になりましたね。ウェブメディアから原稿執筆を受注するライターさんが1文字あたりの単価が1円以下で執筆するということもあって、手軽な発注先として知られています」(前出・スポーツ紙記者)

 さっそく同サイトで本人と思われるアカウントを確認してみると、princessricoの名前で登録されており、脇坂氏本人がInstagramに投稿している写真と同じものがプロフィール写真としてアップされている(“すべての写真を見る”をクリックすると、プロフィールの詳細などこのほかの画面キャプチャがみられます)。

 2月17日時点で、同サイトへの登録日は1月24日、『本人確認』という項目は「済」となっている。記載されている出身地や学歴なども本人の経歴と一致する。仕事内容は「ブログ記事作成」とあり、報酬額は「2円(文字単価)」。これは、まさしく“1円ライター”の部類に入る。

 すでに14件ほどの記事執筆を受注しており、依頼者からの評価は上々のようだ。