顔が近い! ホワイトハウスの出迎えで

 安倍晋三首相(62)とトランプ米大統領(70)が“ゴルフ外交”する直前、永田町では、2人の腕前に差があることを心配して、こんな話が飛び交っていたという。

まさか安倍さんが勝つなんてことはないだろう。万が一にも勝っちゃうと、トランプ氏がむくれて日米関係がうまくいかなくなる。

 しかし、コテンパンに負けるのは日本の首相として情けない。安倍さんが“惜しかった”と言えて、トランプ氏が“ほらみろ!”と気分をよくする決着が望ましい。ずばり、5打差で安倍さんが負けるのがベストだ

 政治評論家の有馬晴海氏が明かすエピソードだ。

 安倍首相は10日から12日(いずれも現地時間)にかけて訪米し、日米首脳会談を行い、トランプ氏のフロリダ州の“別荘”に2泊してゴルフなどを楽しんだ。本来、18ホールで競うところを、トランプ氏の誘いでゴルフ場をはしごして9ホール追加した。首脳会談は40分程度でゴルフはたっぷり約7時間。その時間配分が主目的を示している。

 はたして、永田町の住人の祈りは通じたのか。安倍首相はゴルフをする前の10日の共同記者会見で「私の腕前は残念ながら大統領にかなわないと思います」と話した。

 帰国後、BSフジの報道番組に生出演して、「結構、いい成績が出ましたよ」などと述べた。

 両首脳のスコア(成績)は公表されていない。しかし、発言内容からすると、ボロ負けはしなかったようだ。安倍首相は出発前の週末、親族らと約7時間ゴルフをしており、練習の成果が出たといえる。