*イメージ写真です

 2011年3月11日、東日本大震災で両親を失った少年(当時9)は、癒えようのない傷を心に負ったが、大人になるまでしっかり勉強に打ち込めるだけの経済的余裕は残されていたはずだった。

 亡くなった両親の遺産や死亡共済金、震災義援金などが少年には残されていた。ところが、そのお金がたった3年間で底をついてしまった。少年を食いものにして約6800万円ものお金を使い込んだのは、少年の母の弟、つまり少年の叔父にあたる島吉宏被告(41)だった。

 身内の裏切りにあった少年は自ら児童相談所に保護を願い出て、いま15歳になる。島被告は、金を使うだけでなく、少年に殴る蹴るの暴力までふるっていたという。悪質極まりない。

 犯行が明るみに出るまで、震災で両親を亡くした甥を引き取り育てる叔父として、メディアに何度も取り上げられていた。

 そのたびに、全国から寄付金や物資が寄せられたが、少年の手に渡ることはなかった。すべて島被告が、懐に入れていた。

 島被告は、震災直後から悪事に手を染めていた。少年の母親=自分の姉名義の貯金通帳を、姉は入院中だと虚偽の申請をし、銀行に再発行してもらい、まんまと120万円をネコババしていたのだ。

'11年4月、震災直後の石巻市内。同月、最初の犯行が行われていた

 それで味をしめたのか、少年に遺産が入ることを見越した島被告は、震災発生から2か月後の5月、未成年後見人として選任された。

 『弁護士法人・響』の徳原聖雨弁護士が、解説する。

後見人制度は、未成年に代わって財産の管理などをするもので、使用金額や口座の残高を毎月家庭裁判所に報告する必要があります。この制度を悪用して横領する事件はまれにあるものですが、今回の場合は、金額も非常に高額ですし、悪質ですよね

 未成年後見人になった島被告は、やりたい放題だった。

「金回りがよくなった」「羽振りがよかった」というのは周囲の一致した見方で、仕事の関係者は、

「最初は車が高級なものになって、次に着ているものも高価なものに変わりましたね」