さらに、島被告のクレーマー体質を指摘する声も。前出の納入業者が続ける。

「優しく話していたかと思うと、急に激昂して怒鳴りだすんです。配達に5分ぐらい遅れてしまったことがあって、“お前のせいで食材がダメになった。弁償しろ”と怒鳴られましたよ。本当に嫌な人だなと思っていました」

 自分が客として昼食を食べに行った店の女性従業員を怒鳴りつけたり、同業者の店に嫌がらせのようなクレームをつけるなど、悪評ふんぷん。

 車や高級服の購入、開店資金と湯水のごとく金を使い、

甥が陳述書で明かしていましたが、中学になるまで小遣いはもらえなかったそう。それなのに島被告は寿司屋や焼き肉屋に週に5日は行ったり高級時計を身につけていたそうです」(民放報道局記者)

 '12年8月には、20代前半の女性と結婚し、子どもを2人もうけていたが、島被告の逮捕後に離婚している。自宅に帰ってきた前妻に尋ねた。

震災後に島被告が甥と住んでいたアパート。現在は元妻が住んでいる

─島さんですよね?

「違います」

─では○○さん?(離婚後の妻の姓)

「何なんですか? 迷惑なんですけど」

─(前夫が)虐待をしたり、お金を使い込んだりしましたよね?

「何も話すことはありません」

─豪遊したんですよね?

「……(電話しながら自宅へ)」

 島被告には一審で、業務上横領や詐欺などの罪に問われ懲役6年の判決が言い渡されたが、少年の被害額は将来、回復することができるのか。

 前出の徳原弁護士が見通す。

今後、甥が民事訴訟を起こし弁済を求めれば、勝てる可能性が高い。自己破産を選択して逃げる人もいますが、悪意のある行為によってできた負債は消えません。後見人として家裁に報告していない口座があったことなどから、悪意が認定される可能性は十分にあります。(前妻も)島被告の横領を知りながら使っていたとされるのであれば、返済を求められるでしょうね

 信頼していた叔父に裏切られた精神的ダメージ。少年は今後の進路設計などを大きく描き直さなければならなくなってしまった。両親を亡くした少年の人生を狂わせた島被告の悪行は、たとえ全額弁済したとしても、償えるものではない。