アニメ映画『ひるね姫~知らないワタシの物語』で声優に挑戦した高畑充希 撮影/廣瀬靖士

最近、赤ちょうちんみたいなところに行くんです。朝ドラヒロインをやっていたときは、ちゃんとせねば!と思っていたので(笑)、お酒を飲むときも個室を探したり。今はもう終わったから解禁です。自由にふらふらしています」

 朝ドラ『とと姉ちゃん』でヒロイン・小橋常子を演じ、国民的人気を得た高畑充希(25)。’07年からは、6年間にわたってミュージカル『ピーターパン』で8代目ピーターパンを務めた。

 作品の“真ん中”にいることのプレッシャーと責任感は並大抵のものではなかったようで、当時をこう振り返る。

『ピーターパン』で主演したときも、どこかで子どもが見ているかも、と信号も黄色になったら渡らないとか。いろいろ考えていました」

 “ホーム”である舞台や、映像でも情感豊かな歌を披露。女優として順調にステップアップを重ね、CMでは『NTTドコモ』や『JRA』といった有名企業に起用されている。これからの目標は?

「目標……、ずっとなかったんです。デビューしたときには、舞台の『奇跡の人』でヘレン・ケラーを演じたいという目標があって、それが’09年に叶ってからあまり目標を立てないようにしていて。朝ドラヒロインまでやらせていただけるなんて思ってもいませんでしたし、自分の人生設計からだいぶ脱線中です」

 予想外といっても、いい方向に脱線しているのでは?

「どうだろう(笑)。でも、せっかく見ることができる景色は見たいな、と思います。誰かが自分に何かをさせたいと思ってくださるなら、映像であれ舞台であれ、その作品は絶対にいいものにしたいと思います。

 私、流れに身を任せてしまうタイプで。流されていたら、こんな場所に来れてしまった、って(笑)。いろいろな素晴らしい出会いもあり、本当に恵まれているなって思います」

 その新たな“出会い”のひとつが、映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』で声優として演じた主人公・森川ココネ。声優としての役作りで苦労したことはある?

お芝居するときに相手がいないことに慣れていないので、相手がどうしゃべっているかわからない状況で声をあてていくのは、すごく難しかったです。今回セリフはほぼ岡山弁。関西弁のような部分もあるし、広島弁みたいな言葉もあって、ちょうど中間なのかな。ヒヤヒヤでした。

 方言の役では、できるだけその方言を普段から使っている人に見えるようになる、というのが目標なんです。アニメだと普段の会話より抑揚をつけなきゃと思うんですが。方言とのバランスも難しかったです」