昨年の10月からスタートしたNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』。4月1日に迫る最終回を前に、脚本家の渡辺千穂さんに独占インタビュー。

人はひとりでは生きていけない

 朝ドラ『べっぴんさん』の撮影が終了してから数日後、NHKの会議室に現れた渡辺さんは、晴ればれとした表情をしていてとてもきれいだった。

朝ドラ『べっぴんさん』脚本家・渡辺千穂さん

今の感想は、ああ終わってしまったーって(笑)。大好きな人物がいっぱいドラマにいて、みんなの人生を書き終わったのがうれしいなって。

 ヒロインの芳根京子ちゃんは、さすがオーディションで選ばれただけある。芳根さんだからこその、すみれになっていきましたからね」

 今作のすみれのような控えめなタイプのヒロインは、朝ドラには珍しく、微笑ましい。

「いろんな方に言われますけど、芯の強さとか、前を向いて歩くところとか、一生懸命がんばるところは、やっぱりヒロインだと思います。朝ドラって、演じる人にとってもすごいことなんですよ。準備期間から10か月かけて、濃密な時間を作っていく。新人のうちにそれができるって、すごくいいと思います。私も半世紀以上にわたる物語を最終的なところまで描くことができた。脚本家として、朝ドラを経験してみたいなっていう思いはずっとありました。長い時間、ひとつの作品のことを考えていられるぜいたくな仕事は、めったにないですから

 劇中では、夫婦の形、キアリスの仲間の形といった、いろんな人間関係が出てきた。

心から信頼できて、自分を包み隠さず出せる仲間がいるというのは、一生の宝だと思う。そういう友情を描きたいっていうのがありました。

 すみれと紀夫さん夫婦も、最終回のほうでは、すごく可愛いおじいちゃんと、おばあちゃんになっている。人は、ひとりでは生きられない。一緒に生きている人たちが幸せにしてくれて、自分が相手を幸せにすることもできる。そういう夫婦の形、友達の形を書きたいと思っていました」