有村架純 撮影/伊藤和幸

「初めて(朝ドラヒロインの)お話を聞いたときは、本当に私でいいのかな、ということだけでしたけど、やるからには絶対にいい作品にしたい、面白い作品にしたいという思いがどんどんこみ上げてきて、すごく前向きな気持ちで毎日楽しくやっています」

 4月3日から始まる“朝ドラ”『ひよっこ』でヒロイン・谷田部みね子を演じる有村架純。朝ドラには『あまちゃん』で、小泉今日子演じる春子の若き日を演じて以来4年ぶりの出演となる。

「『あまちゃん』のときは限られた日に一気に撮影していたので、毎日現場に行くことはなかったんですが、今回はほぼ毎日現場に入って、リハーサルも毎週やって。作品にずっとつかっていられるのがうれしいです」

 主演作品も多い彼女だが、ヒロインを演じるということの、プレッシャーや不安はある?

「どの作品もクランクインするまでは不安です。いちばん最初の撮影で発する第一声が、ものすごく緊張するんです。そのときの声のトーンなどでキャラクターが決まってしまうので……。撮ってしまったものは変えられないですし(笑)。

 今回は最初から、みね子の感じは出せていたかな、と思います。今はその第一声を信じて、撮影に臨んでいます」

 役作りの第一歩として取り組んだことは、ヒロイン・みね子の“食”を知ることだった。

「農家に育ったみね子なので、お米のおいしさを知りたいと思い、クランクインする2か月くらい前からちょっとずつお米を食べ始めて。普段はなるべく低糖質で控えていたんですけど、あらためてお米のおいしさを感じました。

 お米の力ってすごいんです。気持ちは元気になるし、夜もよく眠れるし。なによりパワーがあふれ出してくるんです(笑)。みね子もこうやっておいしいお米をたくさん食べて生活しているんだな、って感じました」

 みね子はある事件が起こり、東京へと集団就職で向かうことになる。有村自身も兵庫から上京し、故郷から離れて東京で暮らしている。