こだわりの配役、ブルゾンちえみ初女優

 研究に没頭するあまり、“美”をおろそかにしてきた“女子力ゼロ”で“女子モドキ”の理系女子(リケジョ)3人。『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系・木曜夜10時~)は、彼女たちが“ステキ女子”になるべく、メイク、ファッション、美容などの“美の特別研究”に奮闘するコメディー。

『人は見た目が100パーセント』より (c)フジテレビ

 原作は大久保ヒロミの同名人気コミック。草ヶ谷大輔プロデューサーは、タイトルのインパクトに目を奪われ、ドラマ化を考えたという。

「大切なのは結局、中身と帰結するのかと思いきや、ひたすら美の研究をしている。驚きましたね。人は中身より見た目という、現実社会で否定できない切り口から、女性の幸せ、生き方、女子力に迫っていくというのは新しいと思いました。

 ドラマ化にあたっては、3人の“女子モドキ”のキャラクターがキーになるので、キャスティングにはこだわりました」

 主人公で、自分に自信がないため、目立たないように生きてきた城之内純を桐谷美玲が演じる。

“世界で最も美しい顔”の常連の桐谷さんのイメージを逆手に取ったんです。子育て中で美をおろそかにしている前田満子役は、姉御肌でサバサバしている水川あさみさんがぴったりと思い、オファーしました」

 美よりも食に走る佐藤聖良役は、今作が女優デビューのブルゾンちえみ。草ヶ谷Pはブレイク前からブルゾンに魅力を感じていた。

「運命を感じましたね。聖良が演じられるのは、原作から飛び出してきたような、この人しかいない、と」

 ドラマでの聖良は、ブルゾンのネタのキャリアウーマンに似せて、上から目線のキャラに。

「普段は“ブルゾンちえみメイクで”鎧(よろい)をつけているので、(聖良役は)裸をさらしているような気持ち」と語ったブルゾンだが、その実力は?

本業との掛け持ちなので、非常に多忙なのに、いつ覚えているのか、セリフは完璧に頭に入っています。現場で読み直すことはありません。努力家だし、肝の据わった方だと感心しています」(草ケ谷P、以下同)