(c)フジテレビ

構想5年。小栗自らCPに企画を打診

「出演者、スタッフ一同、本気で取り組んだ作品です。その熱意が画面から伝わったのでしょうか、非常に大きな反響がありました。主演の小栗君も、初回の放送後に“連続ドラマに革命を起こしましたね”と、感想をもらしていました」

 と話すのは、ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系 火曜夜9時~)を制作する関西テレビの笠置高弘チーフプロデューサー。

 直木賞作家の金城一紀が小栗旬を主役に据えて5年前から構想を練り、原案・脚本を手がけたアクションエンターテイメント。

 異色の警察ドラマだが、笠置CPは、小栗から今作の企画の話を持ちかけられたという。

大変に魅力を感じたのですが、映像化にはためらいがありました。単なるサスペンスや犯人捜しの刑事ドラマではなく、非常に骨太で、考えさせられるような作品。視聴者に受け入れられるだろうかと思いました。予算も相当かかります(苦笑)。しかし、昨今の国際情勢や国内の諸問題から、この先の日本に不安を感じている人も多い。日本は誰がどうやって守っていくのか、やる意味があるのではないか、と考えました。

 主演の小栗君に匹敵する役者さんは、西島秀俊さんしかいないと思い、お願いしたところ、“やりましょう”と言っていただき、制作を決断しました」

 小栗が演じる主人公の稲見や、西島が演じる田丸が所属する公安機動捜査隊特捜班は、常識では測れない事件に脅かされ、高度な政治的案件を扱うとともに、ときには国家の“汚れ仕事”もこなす組織。敵となるのは、国家転覆を企むテロや新興宗教団体、軍事スパイ、麻薬密売組織、そして、本来は国民を守るべき政治家たち─。

(C)フジテレビ