歌ウマ女王のMay J.と演歌の女王・八代亜紀

「音楽番組で共演させていただいてから、自分の曲で一緒に歌わせていただくことが夢だったんです」

 10枚目のシングル『母と娘の10'000日 〜未来の扉〜』で“叶うとは思わなかった”という演歌の女王・八代亜紀とのコラボレーションが実現したMay J.。

 撮影で、彼女の肩を抱きよせる八代に「娘と一緒にいるお母さんの気持ちですか?」と尋ねると、May J.から「お姉さんです」。続いて八代から「お姉ちゃんと言ってください(笑)」と返ってきた。

 話を聞くうちに、仲のよい、本当の姉妹のように見えてきたふたりの初めましては'13年の歌番組。

May J.「大先輩との初共演で、すごく緊張していた私に、八代さんがそっと寄り添ってくださったんです。そのおかげで、安心して一緒に歌うことができました。収録が終わってからお話をしたら、八代さんは、旧姓ですが本名が同じ“橋本”だということがわかって」

八代「共通点があって、すぐに打ち解けてね」

May J.「そのときに“ドレスを作ってあげるわ”って言ってくださったんです」

八代「ドレスとか着物を結構、プレゼントするんです。絵を描くのが好きなので、ドレスは、贈る方の顔を思い浮かべながらデザイン画を描いたりして」

May J.「そのドレスが、八代さんと共演できる、いいタイミングでできあがりました。胸元にスワロフスキーがついているんですけど、八代さんが選んで、縫いつけてくださったんですよ」

八代「上品でシンプルで、すごくMay J.っぽい。“娘さん”っていう感じのドレス」

May J.「八代さんと一緒に歌うときに着たいんです」

八代「ステージは、もっと派手なものがいいわよ」

May J.「え〜っ!? あのドレス着たいです(笑)」

 ドレスのお礼として、May J.も八代に手作りのヘアアクセサリーとピアスをプレゼントしたそう。

May J.「なにかお返しがしたくて。八代さんに負けないくらい目立つデザインのものを作りました(笑)」

八代「すごくかわいいの。ステージのときにつけようかな」