犯行現場となった宮崎容疑者宅(手前)と川口容疑者宅も同じ並びに。両容疑者の仲が急激に近づいたのはここに引っ越してから

 今年1月5日、厳冬の青森県三沢市内のビニールハウスの中で女子高生A子さんが保護された。

「格好は寝間着のようなスウェットの上下、足元はスニーカーという軽装でした。それよりも驚いたのは、その風貌。髪の毛は五分刈りくらいの丸刈り。素人作業で長さもバラバラ、いわゆる、トラ刈りという状態です」

 と地元署捜査関係者。運よく保護されたからよかったものの、当日の気温はマイナス2℃。命の危険すらあった。

 通報を受け、駆けつけた警察官にA子さんは信じがたい説明をしたという。

「保護されたのは昼間ですが、彼女は近くの墓地で前日の夜から霊能力の修行と称し、闇を見る訓練をしていたといいます。髪の毛は、12月に実母と母の友人の女性にバリカンで刈られたそうでどうも2人は、A子さんを“尼さんにしたかった”みたいです」

 と地元署捜査関係者。調べてみると、虐待の痕跡も発見された。

「右腕に2センチほどの切り傷と、お尻は叩かれて腫れ上がっていました。腕の傷はカッターでつけられた傷で、お尻はハエ叩きの柄の部分などで何度も何度も叩かれたものです」

 これは霊能力の修行のときにつけられたものだという。

 青森県警三沢署は先月30日、修行の名のもとに娘を虐待した母親・川口とみ子容疑者(44)と、自称・霊能力者の宮崎香奈子容疑者(35)を、傷害と暴行の疑いで逮捕した。

 取り調べに対して宮崎容疑者は「霊能力がある、霊が見える、霊の声が聞こえる」と供述している。

「川口容疑者も、宮崎容疑者に霊能力があると供述していたそうです。宮崎容疑者が“A子にも霊能力がある。修行すれば能力が身につく”とすすめたことが、事件の発端だったようです」

 と前出の地元署捜査関係者は読み解く。