ブリーダー廃業で

「処理する金なかった」犬の糞尿117トン不法投棄した男

2015年12月30日(水) 16時00分
〈週刊女性1月5・12日合併号〉
2015年12月30日(水) 16時00分
〈週刊女性1月5・12日合併号〉

fun1230

 容疑者逮捕より厄介だったのは、鼻をつまみたくなるような後始末だった。千葉県警が10月に廃棄物処理法違反で逮捕したのは、ブリーダーをしていた41歳の男。

 同県多古町に所有する敷地に、犬や猫の糞尿を染み込ませた新聞紙を詰めたゴミ袋を約5年ため続け、周辺に悪臭と不衛生をまき散らした。そのゴミの山を運び出したのが警察。

「防護服と防塵マスクで作業しました。撤去作業は丸2日間、朝から暗くなるまでかかり、2トントラックで60数回往復しました。大量のゴミ袋は高さ4メートルほど積み上げられていました。水がたまってグチャグチャだったり、虫が這い出してくる袋もあった」(県警生活経済課)

 多古町生活環境課は、撤去前の壮絶な悪臭環境をこう振り返る。

「人糞とはちょっと違うニオイです。いきなり吐き気をもよおすことはありませんが、発酵したような酸っぱい感じがあって、敷地前を通学路にしている小学生は、息を止めていました」

 当然、近隣住人からの苦情が行政に届く。

「2009年ごろから悪臭などについて苦情が来ており、異物処理法に基づいて口頭指導などを複数回にわたりしたところ、'10年10月には1度撤去されました」(多古町)

 このときは容疑者自身が民間業者に依頼して撤去したようだが、周囲の安堵もつかの間。再びゴミがたまりだした。

 普通に処理すれば、100キロにつき400円程度ですむが、容疑者は「処理する金がなかった」と供述したという。

「本人によると敷地内で約70匹飼っていたときもあったそうです。犬種はミニチュアダックスフントやチワワ、トイプードルなどが中心」(県警生活経済課)

 どんなにかわいいチワワであっても、糞尿は糞尿。「地獄の臭気だった」と、近隣住人は身の毛がよだつ思いを語る。

 逮捕後、周辺住民は、深呼吸できるという当たり前のありがたさを味わっている。

「犬は1匹残らず動物愛護センターが引き取りましたから、もう糞尿は出ません。県警と県と町で敷地周辺を合同パトロールしており、昨日(12月17日)も行きましたが、きれいなまま。現在は残り香もなく、息を止めずに登校できる環境にあります」(多古町)

関連記事

映画
映画『犬に名前を...

飼い主が殺処分する驚きの理由

2015年11月10日(火) 05時00分
〈週刊女性11月17日号〉
事件
見えざる“悪魔の...

頻発する小動物惨殺の恐怖

2015年10月14日(水) 11時00分
〈週刊女性10月27日号〉
ニッポン
高齢者とペットの...

高齢者飼い主がするべき備え

2015年11月23日(月) 05時00分
〈週刊女性12月1日号〉
ニッポン
NPO法人・東京...

殺処分直前の猫を引き取るNPO

2015年11月21日(土) 05時00分
〈週刊女性12月1日号〉
騒動
昏睡強盗犯 “声...

”声優のアイコ”こと神いっき ...

2014年07月15日(火) 00時00分
〈週刊女性〉
事件
慶応ボーイ名乗る

佐藤容疑者フジテレビ勤務装う

2015年07月09日(木) 11時00分
〈週刊女性7月21日号〉

オススメ記事

文化人
舛添氏の後任は誰...

フィフィ「浮動票をナメてる」

2016年07月01日(金) 17時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野のビジネス書の中身

2016年07月01日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第2回】〉
インフォメーション
ご協力お願い致し...

調査! 嫌いなテレビ局は?

2016年06月30日(木) 19時30分
〈「週刊女性」本誌からアンケートの...〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ