学校死を考える

川崎いじめ自殺 正義感が強く、いじめられていた友人かばう

2016年03月24日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年4月5日号〉
2016年03月24日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年4月5日号〉

kawasaki0325-1

小学生のころから野球少年だった真矢くん

 

 '10年6月7日午後2時ごろ、川崎市麻生区の自宅1階のトイレで、中学3年の篠原真矢くん(当時14)が亡くなった。自ら硫化水素ガスを発生させての中毒死。トイレにはいまも目張りの跡が残る。

「毒ガス発生。扉を開くな 即死するので絶対に扉を開かないでください」

 そう貼り紙され鍵がかけられていたドアを、母親の真紀さん(49)がドライバーでこじ開けたのは、パートから帰った午後4時過ぎ。

 目の前に真矢くんが横たわっていた。そのときのトラウマで、真紀さんはいまでもこのトイレを使うことができず、2階のトイレを使う。

 そばに遺書があったが、真紀さんは気がつかなかった。のちに警察から見せられて、初めて確認した。その遺書には《先立つことをどうかお許し下さい》という言葉とともに、《奴等は、例え死人となっても、必ず復讐します(※原文ママ)》と書かれていた。いったい何があったのか。

 真矢くんは'95年7月に生まれた。「阪神大震災のときはおなかにいた」と真紀さんは振り返る。幼いころは地元のプロサッカーチームのジュニアに所属したこともあった。

 小学4年生になると野球を始めた。きっかけは関西の甲子園常連校出身の隣人に誘われたこと。真矢くんは父親・宏明さん(51)の影響で、幼いころから阪神ファンだった。

 中学時代も野球部に所属していた。背番号は「11」。レギュラーではなかったが、「声出し番長」と呼ばれ、ムードメーカーだった。生徒会の役員もやっていた。

 正義感は強いほう。「自分が“おかしい”と思ったことには黙っていられない性格だった」と真紀さんは話す。

 例えば、小学校の修学旅行で児童が騒いだときに、校長が「お前ら、静かにしろよ」と注意した。騒いだことは児童が悪いが、真矢くんは「校長先生がそんな言葉遣いをしていいんですか?」と抗議。校長はのちに謝罪をした。

 一方、何かあったときでも親が学校に行くのを嫌がった。「心配かけたくない」と思うと同時に、「自分で解決したい」と考える子だった。

 静岡県に単身赴任中の宏明さんに、その日夕方5時過ぎ、祖母から電話があった。

「真矢が、真矢が……。帰ってきて」

 電話では詳細が聞けず、宏明さんは「大ケガをしたのではないか」と思った。自宅に着いたのは午後7時ごろ。警察が来て、規制線が張られていた。 「ただごとではない」そう思っていると、病院から電話があった。

「真矢が亡くなった」

 宏明さんは状況を理解できないでいた。病院に行き医師や看護師に、「何とかしろよ!」と食ってかかった。しかし医師は首を振った。宏明さんはその場にくずおれた。

関連記事

事件
学校死を考える

中2男子の“指導死”

2016年03月17日(木) 05時00分
〈週刊女性2016年3月29日号〉
事件
シリーズ学校死を...

青森進学校いじめ自殺

2016年03月02日(水) 05時00分
〈週刊女性2016年3月15日号〉
事件
事件から約1年

上村くん殺害の少年A評判は

2016年02月09日(火) 11時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
事件
市民の認知度は低...

川崎市ダイヤルSOS立ち上げ

2016年02月10日(水) 05時00分
〈週刊女性2016年2月23日号〉
騒動
芸能人親子の確執

沙也加、いじめられていた過去

2015年04月04日(土) 11時00分
〈週刊女性4月14日号〉
事件
死因を調べた報告...

奈良中1いじめ自殺、母が激白

2015年06月21日(日) 11時00分
〈週刊女性6月30日号〉

オススメ記事

文化人
バレーボール・タ...

フィフィ語るスポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
不正疑惑で会見も...

フィフィ、東京都政に物申す

2016年05月14日(土) 17時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
大切なのはリテラ...

フィフィ エロバナーに激おこ

2016年05月07日(土) 18時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ