オークションでの相場も急上昇

斬新すぎて狂気を感じる、妊婦リカちゃん驚きのシステム

2016年03月10日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉
2016年03月10日(木) 11時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉

rikachan0310

 昨年末に投稿されたこのツイートをめぐって、今インターネット上でちょっとした論争が起きている。

《妊婦リカちゃん、同封されているハガキを送るとリカちゃんのお腹をあけるカギと赤ちゃんが送られてくるシステム 斬新すぎて狂気を感じる》

 『リカちゃん』は日本を代表する“着せ替え人形”。日本人なら知らない人はいないといっても過言ではない。

 '67年に誕生、現在までの販売数は5300万体以上に及ぶ大ベストセラー人形だ。着せ替え人形なので、衣装を替えることでさまざまなシチュエーションや職業を選べ、女の子のいわゆる“ごっこ遊び”の世界を表現している。

 “妊婦リカちゃん”の正式名称は『こんにちは あかちゃん』という。発売されたのは'01年のこと。当時の発売元であるタカラ(現タカラトミー)の資料にはこう書いてある。

《2002年の『リカちゃん』誕生35周年記念に先駆けて企画された商品で、『リカちゃん』が次の世代の子どもたちに“夢”や“願い”を託すメッセンジャーとして発売するものです》

 '01年といえば、皇太子妃雅子さまがご懐妊した年。タカラはそれに便乗したわけではなかったようだ。

「いいタイミングでしたから『こんにちは あかちゃん』はバカ売れ。常に品切れ状態でした」(コレクター)

 『こんにちは あかちゃん』の人気の秘密はほかにもあった。それは冒頭のツイートにあるように画期的な赤ちゃん誕生システムだ。

「『リカちゃん』の大きなお腹を小さくするためのカギと赤ちゃんと一緒に、母子手帳と産後ショーツも送られてきて、そこにはシュールな世界が広がっていました」(コレクター)

 究極の“ごっこ遊び”とも言えるが、ここで1つ問題が。それは『リカちゃん』は年齢が11歳という設定になっていること。そして、それは今でも変わっていない。

 発売当時に、“小学生が妊娠って、どういうこと”と思った人も少なからずいたようだが、今ほどインターネットが普及していない時代でもあり、話題に上がることはそれほどなかった。困惑ぎみに語るのはタカラトミーの広報だ。

「クレームの電話などはありませんでしたし、現在も問い合わせなどはありません」

 しかし今、冒頭のツイートで、初めて“妊婦リカちゃん”の存在を知った人や、当時商品を購入した人たちの間で、《待て待て、リカちゃんは11歳だろう》《深く考えないでママごっこするものだと思うけど……》とか、あげくの果てには、《子どものお父さんは誰だ》と論争が勃発。

 “妊婦リカちゃん”は再び注目されることに。ただし、この商品はすでに販売が終了しており“幻のリカちゃん”となっている。

 そのため今回のツイートがきっかけとなり、オークションでの相場も急上昇、現在は発売当時の3倍近い1万円前後の値がついている。

関連記事

ブーム
累計1300万個...

「人生ゲーム」アイドルも追加

2015年02月21日(土) 16時00分
〈週刊女性3月3日号〉
ブーム
『マツコ危機一髪...

「黒ヒゲ」意外なルール

2015年02月22日(日) 16時00分
〈週刊女性3月3日号〉
ブーム
コミカルな動きに...

タカラ株価上昇させた伝説商品

2015年02月23日(月) 16時00分
〈週刊女性3月3日号〉
ブーム
10万個でヒット...

ルービック誰でも揃えられる?

2015年02月23日(月) 11時00分
〈週刊女性3月3日号〉
ブーム
最盛期には月10...

ホンダを救った意外な商品

2015年02月23日(月) 06時00分
〈週刊女性3月3日号〉
ブーム
葛飾区の観光協会...

モンチッチ驚きの肩書き

2015年02月22日(日) 11時00分
〈週刊女性3月3日号〉

オススメ記事

インフォメーション
アンケート募集

美意識が高いアラフォー女優は?

2016年06月27日(月) 06時00分
〈週刊女性PRIME〉
お笑い芸人
8月12日発売、...

キンコン西野がビジネス書を出版

2016年06月24日(金) 16時00分
〈文/西野亮廣【連載第1回】〉
ファミリー
高須クリニック・...

高須院長、海老蔵の会見を絶賛

2016年06月24日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
インフォメーション
9月から大阪&a...

「おそ松さん」舞台化に密着

2016年06月23日(木) 18時00分
〈「週刊女性」本誌よりお知らせ〉

ページトップ