東北学院大・工藤さんの卒論

あの世とこの世をつなぐ 被災地で“幽霊タクシー”が話題

2016年03月11日(金) 16時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉
2016年03月11日(金) 16時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉

20160322_sinsai_6

 被災地のタブーにまじめに挑んだ東北学院大・工藤優花さんの卒論が大反響。宮城・石巻のタクシー運転手に聞いてみると……。

 タクシーの運転手が後部座席を振り返ると、乗せたはずのお客さんが消えていた。よくある怪談話のパターンだが、被災地のそれは結末がだいぶ違う。

《震災から3か月くらいかな? 記録を見ればはっきりするけど、初夏だったよ。深夜に石巻駅で待機していたら真冬のふっかふかのコートを着た女の人が乗ってきてね…》

 東北学院大学4年の工藤優花さん(22)が卒業論文のテーマに選んだのは、『被災地のタクシードライバーの幽霊現象』だった。冒頭の証言は、工藤さんが約1年かけて運転手から聞き取った体験談のひとつ。タクシーに乗り込んだ30代くらいの女の人は、運転手に「南浜まで」と告げた。

「あそこはもうほとんど更地ですけど、かまいませんか? どうして南浜まで? コートは暑くないですか」

 そう尋ねる運転手に対し、震える声でこう返したという。

「私は死んだのですか」

 驚いた運転手が「え?」とミラー越しに後部座席を見ると、女の人は消えていた……。

 別の運転手は、真夏の深夜にコートやマフラーをした小学生くらいの女の子を乗せた。自宅に着くと「おじちゃんありがとう」と言ってスーッと消えた。降りるとき、確かに手に触れたという。

 なぜか若い乗客ばかり。ほかにも幽霊とは思わず実車のメーターを回し、自腹を切った運転手もいる。

 宮城県石巻市によると、太平洋沿岸部に広がる同市では、東日本大震災による直接死・間接死と行方不明者を合わせると3975人を数える。

 工藤さんはその中心部のJR石巻駅に毎週通い、客待ちするタクシー運転手100人以上に幽霊の話を聞いて回った。被害の大きかった地域であり、当然、震災で身内を亡くした運転手もいる。

 工藤さんに霊感はない。被災地・宮城県にある東北学院大学の金菱清教授(地域構想学科)のゼミで学び、被災地の死生観についてまじめに突きつめたかった。

 しかし、現実には女子大生が「幽霊を……」と話しかけてもなかなか相手にされず、「面白おかしくネタにするな」などと怒鳴られた。目の前で泣かれたこともあった。それでも7人が不思議な体験を話してくれた。

「彼女は調査中、4、5回は“やめる”と言いました。就職活動をしなくちゃいけないとか言って。そのたびに“絶対にいい研究になるから”って励ましました」(金菱教授)

 ゼミ仲間も『慰霊碑』『震災遺構』『墓』『葬儀業者』『消防団の死生観』『原発避難区域の猟友会』と腰が引けそうな難しいテーマに挑んでいる。

 金菱教授が編者としてまとめたゼミ生の論考集『呼び覚まされる霊性の震災学』(新曜社)が1月下旬に刊行されると国内外で話題になり、2月下旬に同大学で緊急シンポジウムが開催された。緊急シンポで工藤さんは、こう明かした。

「幽霊を乗せたタクシー運転手は、霊に畏敬を感じている」

関連記事

災害
復興のシンボル

女川で復興のシンボルオープン

2016年03月10日(木) 16時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉
災害
貧困率5割超

被災地の母子家庭の現実は

2016年03月10日(木) 16時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉
災害
貧困率5割超

被災地母親 キャッシングが頼み

2016年03月10日(木) 16時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉
災害
東北の県民性か

耐える被災地シングルマザー

2016年03月10日(木) 16時00分
〈週刊女性2016年3月22日号〉
ブーム
怪談師が明かす

「娘と思って背負ってたものは」

2015年08月02日(日) 16時00分
〈週刊女性8月11日号〉
ブーム
ルポライター・村...

自殺跡地にあったテープの中身

2015年08月03日(月) 16時00分
〈週刊女性8月11日号〉

オススメ記事

文化人
Twitterや...

フィフィ指摘ファンとの距離感

2016年05月25日(水) 17時40分
〈週刊女性PRIME〉
文化人
バレーボール・タ...

フィフィ言及スポーツとお金

2016年05月21日(土) 18時30分
〈週刊女性PRIME〉
男性
第2回『Yes!...

ビアちゃん語る高須院長の凄さ

2016年05月13日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉
災害
高須クリニック・...

高須院長が語る被災地支援方法

2016年04月29日(金) 05時00分
〈週刊女性PRIME〉

ページトップ