福原弘太郎容疑者(フランス国立社会科学高等研究院日仏財団HPより)

「どうしてこんな低俗な事件を起こしたのか。同じ研究者として研究分野を裏切るような行動に憤りを感じます」と現役東大院生の男性は語る。

 東京・荒川区の路上で背後から女子高生の頭に布製トートバッグをかぶせて抱きついたとして警視庁荒川署が強制わいせつ未遂の疑いで9日に逮捕したのは文京区在住の福原弘太郎容疑者(34)。東京大学大学院の博士課程に在籍する“農業エリート”だ。

 警視庁によると、事件は6月1日午後9時15分ごろ発生した。帰宅途中だった女子高生が悲鳴を上げるなどして抵抗したため、強制わいせつの目的を遂げずに現場から逃走したという。

「しかし、犯行に使った自転車からアシがついた。逮捕の決め手は現場近くの防犯カメラ映像。捜査当局は映っていた自転車とその所有者を割り出し、8月2日に事件現場とは自宅を挟んで逆方向の豊島区で別の女子高生のあとをつけている福原容疑者を確認し、集合住宅の敷地内に入ったところで住居侵入の疑いで現行犯逮捕した」(全国紙記者)

 福原容疑者は取り調べに、「抱きついてはいない」

 と容疑を一部否認しつつも、

「堅苦しい研究と逆のことをすると、気分が安らいだ。スリルや背徳感を求めていた」

 などと供述している。

 容疑者宅は東大キャンパスから徒歩約2分。近隣住民によると、玄関が別々にある一戸建て住宅のワンフロアを今年5月から借りているという。

「独身のようで本人が菓子折りを持って引っ越しの挨拶に来ました。ごく普通の人ですよ。静かに暮らし、玄関前にスポーツタイプの黒っぽい自転車を駐輪していました」

 と近所の男性は話す。

 同容疑者は福岡県出身。東大教養学部でアジア地域文化研究を選択し、卒業後に理科系の東大大学院農学生命科学研究科に転じた“変わり種”といえる。'08年に修士課程を修了。同年4月、都内の財閥系大手シンクタンクに就職し、食や農業にかかわる調査・研究職に従事した。

 約3年後、東大農学国際同窓会の卒業だよりに当時の仕事の近況報告を寄せている。

《各調査を遂行する際、不思議とその分野に馴染みがあるがごとくスムーズにこなせることが多々あります(こなせないこともありますが…)。私は農学部出身ではなく農学国際専攻に2年間在籍したのみで、さほど講義などで素養が身についているとも思えず、またかつての研究内容とも重なる部分は少ないので、何故?と疑問に思っておりました》(2011年3月発行『農国同窓だより』から)

 と能力自慢。大学院在学中、専門分野の異なる同級生らと議論を重ねた経験によって、

《無意識のうちに専門以外の様々な分野におけるセンス、流儀のようなものが若干ながら身に付いており、それが今になって役立っているのではないかと考えています》(同)

 と結論づけている。