山下有瑠人容疑者。髪の毛は地毛でパーマはかけていないとのこと(写真はツイッターより)

「お世話になる人には、きちんと“ありがとう”っていう気持ちをもって接しなさい、飲食店に行ってもきちんとごちそうさまって言いなさいって。お礼を言いなさい、友達を大切にしなさいってことを口を酸っぱくして言ってきたんですが……」

 容疑者の母は言葉をかみしめるようにそう明かした後、少し涙声になりながら、

「人に後ろ指をさされるようなことはしなさんな、ということもずっと言ってたことだったのに……」

 と言葉をのみ込んだ。

年の離れた男女が知り合いになれる場所

 人気アニメの登場人物と同じ衣装を着て、ウイッグ(かつら)をかぶり、メイクを施すなど、すっかりキャラクターになりきるコスプレ。

 アニメ関連イベント会場などに足を運ぶと、若い女性を中心としたコスプレイヤー(以下、レイヤーと表記)が自慢のコスプレでポーズを決め、その周りを大勢のカメラマンが取り囲む風景を目にする。今回の事件は、そんな場所から発生した。

 スマートフォンの通信アプリを使い、当時13歳の女子中学生にわいせつな行為を斡旋したとして、警視庁少年育成課は8月21日、児童福祉法違反と児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いで、住所不定・無職、山下有瑠人(あると)容疑者(21)を逮捕した。

 被疑者は昨年9月ごろ、売春させる目的で被害少女を友人宅に住まわせ、アプリで募集した神奈川県横浜市内の客の自宅でわいせつな行為をさせた疑い。今年6月、同容疑で逮捕された千葉県市川市の三浦一成市議(29)らにも、同じ女子中学生を斡旋していたもようだ。

 山下容疑者が女子中学生と出会った場所が、東京・池袋のコスプレイベントだった。

 事情を知るコスプレ関係者が解説する。

「まず相手の好きな作品の話で盛り上げて、自分もその作品好きなんです的なアピールをするんですよね~。で、相手がノッてきたところで、SNSでつながりませんかって。基本、よほどじゃないと拒否りませんから、案外、年の離れた男女が知り合いになれる場所なんです」

 なかには「君子危うきに近寄らず」で、未成年レイヤーと知った瞬間に即ブロック、つながりを拒否する人もいるが、山下容疑者は違っていた。