キム・ヒョンジュン 撮影/森田晃博

「入隊中から、今回の全国ツアーの内容を考えていました。みなさんに、少しでも僕の気持ちをお伝えしたい。そう思いながら」

 約2年ぶりとなる、除隊後“初”の全国ツアーで4万5000人のファンと再会を果たしたキム・ヒョンジュン(31)。“直接、みなさんのところへ行って挨拶がしたい”という本人の希望を反映したツアーは、これまでのアリーナ規模とは違い、リダ(=ヒョンジュン)をより近くに感じることのできる会場を選び、18都市21公演を行った。

「僕も、こんなに喜んでもらえるとは思っていませんでした。久しぶりに来日した空港でもそうだったんですが、たくさんの方が以前と変わりなく僕を歓迎して、応援してくれる。本当に、感動的でした

 その熱い声援に応えるように、公演すべてのセットリスト(演奏する曲や順番)を変え、積極的に客席に下りていき、ファンとふれ合った。

「あと、もう1公演あったら、演奏する曲がなかったかもしれない(笑)。今回、セットリストを変えたのは、僕が今できる最大限のことをしたかったからです。兵役を経験したことで“音楽や演技をすることは、自分の身体の一部”という気持ちがより強くなった。ステージに立つことが、僕自身を癒してくれる、そんな感じなんです

 会えなかった期間の愛をギュッと詰め込んだ2か月に及ぶツアーの中で、特に印象に残っていることを聞くと、

いろいろな種類の僕の等身大パネルを持っていらして、会場に持って来てくださる方がいるんです。初めて見たときは“自分が客席にいる!”と、ちょっと驚きました。いつもご自分の隣の席に僕のパネルを置いて、ステージを見てくれるんですよ。ということは、あのパネルの分もチケットを購入してくださっているのかな……?