「ヘェ〜」がたくさん、五輪トリビア&金メダル級な裏話

 平昌オリンピックが2月9日にいよいよ開幕する。これまで数々のドラマを生んできた冬季オリンピック。感動のウラにあったさらなる感動、意外な選手たちの素顔、トリビアを徹底取材─。

荒川静香に恩師がすすめた彼氏候補はアノ選手

荒川静香

 のちにトリノ五輪で金メダリストとなるフィギュアスケートの荒川静香が、初めて五輪に出場したのは、'98年の長野大会。当時、彼女は弱冠16歳の高校1年生だった。いくら五輪に出場する選手といっても、16歳の女の子。年ごろになれば……。

「小学生から高校生まで荒川さんを指導した長久保裕先生は、思春期に入って、だんだんと“大人の女性”になっていく彼女を心配していたそうですね。年ごろになれば普通に恋愛に興味が出てくるし彼氏ができてもおかしくない。しかし、それでスケートに身が入らないのは困る。もし恋人にするなら普通の学生は邪魔になるから、スケートを後押ししてくれるような存在がいいと、彼女と同じく自分のもとで指導していた、本田武史さんや田村岳斗さんを本気ですすめていたそうですよ」(スケート雑誌編集者)

真央ちゃんがいまハマっているもの

浅田真央

 長年、女子フィギュアスケートの人気を牽引した浅田真央。昨年4月に引退し、アイスショーなど今年はプロスケーターとして本格的な活動が期待されている。そんな真央ちゃんの興味は……。

「ぬり絵にすごくハマっていますね。集中力アップのためや、逆にフィギュアをいっとき忘れることによるリラックス効果を狙い、選手時代からやっていましたが、引退後も趣味として継続しているようです。

 “作品”の一部は、彼女のインスタグラムに載せているのですが、更新頻度はかなり高いですね(笑)。選手時代よりも本格的にハマっているのではないでしょうか。最近は細かいデザインのリボンのぬり絵が多い。昨年のクリスマスイブにはツリーの絵をアップしていました」(前出・スケート雑誌編集者)

イナバウアートリプルアクセル技名の由来は……

 金メダルを獲得したトリノ五輪で披露したことにより、荒川静香の代名詞となったイナバウアー。上体をエビのように後ろに反らした姿勢が印象的だが、実は上半身は関係ない。

「イナバウアーは、片足を曲げて、逆足は後ろに伸ばし、さらに両足のつま先を180度に開き、横に滑るというものです。その姿勢がイナバウアーであり、上半身は関係ないのです。荒川さんは、“反ったほうがきれいだから”という理由で、あの形で披露しています」(前出・スケート雑誌編集者)

 技の名前は、開発した旧西ドイツの元選手、イナ・バウアーから。ちなみに“トリプルアクセル”のアクセルも、ノルウェーの元選手のアクセル・パウルゼンが由来。