年収1000万円超の人が持つ財布には、「3つの共通点」がある。実践すると「おカネが貯まる人」になれるかもしれない

 私たちファイナンシャルプランナーの事務所には、日々多くの人が「おカネの相談」にやってきます。仕事柄、お客様の財布を見る機会が多くあります。また普段から数多くの企業経営者と接する機会があり、彼らの財布を目にする機会が多くあります。その中で、年収1000万円を超える高収入の人の財布には、少なくとも「3つの共通点」があることがわかりました。

 そこで今回は、私たちが見てきた中での話ではありますが、おカネを稼いでいる人、おカネが貯まっている人に共通している「財布の特徴や財布との向き合い方」についてお話しします。

「財布の購入価格×200=年収」の法則とは?

 まず、おカネを稼いでいる人、おカネが貯まっている人ほど、「高級財布を使用している」傾向にあります。ブランド物の財布や高級革財布など、平均すると5万円以上の財布を使っている人が多いように感じます。

 先に言ってしまいますと、こうした人々は、決して「見栄」で高級財布を使用しているわけではないのです。実は、誰が言ったというわけでもなく、「100%完璧!」とも言えないのですが、財布にまつわる「法則」に「年収200倍の法則」というものがあります。これは、「財布の購入価格×200」の数字が、財布の持ち主の年収を表すというものです。

 たとえば、1万円の財布を使っている人なら、その人の年収は200万円。2万円の財布を使っている人なら、その人の年収は400万円、5万円の財布を使っている人なら1000万円という具合です。「全然当てはまらないよ!」と言う人がいるかもしれません。

 私自身も、この「法則」について論理的な説明ができるわけではありません。しかし、指摘したいのは、ピタリあてはまるかどうかではなく、高級財布と年収の相関性です。多くの人の財布を見ていると、年収がこの簡単な数式に近くなるか、それ以上になる傾向にあるのです。