アグネス・チャンさん 撮影/森田晃博

 アイドル歌手としてデビューした後は、芸能活動と勉学を両立し、現在は教育分野での講演や、社会活動にも精力的なアグネス・チャンさん。変わらぬ愛らしい笑顔で日々、国内外を飛び回っています。

 私生活では'85年に結婚した後、3人の息子を出産。そして、その息子たちがそろって米国の名門、スタンフォード大学に入学という大快挙。本著『子育てで絶対やってはいけない35のことを』(三笠書房)を読めば、どんな難関大学にも受かる方法がわかると思ったら……あれれ、その秘密が見つかりません!

スタンフォードに確実に入学する方法って、ないんです。だから合格テクニックみたいなものの紹介は、この本に一切ありません(笑)。私がみなさんにお伝えしたかったことは、“子どもの脳はなんでも吸収してしまうから、いいものを詰め込んで幸せの種をまきましょう”ということ。合格とか不合格とか以前に、子どもの基礎能力を高めましょう

幸せな大人になる基礎能力をつくる

 アグネスさんの3人の息子には、基礎能力を高めて夢を追った先に、たまたま“スタンフォード”がありました。しかしもちろん、そこを万人が目指さなくてもいいのです。むしろ自分の進路や幸せを、自分で選択をすることが大事。基礎能力はそのためのもの、つまりは自分の人生を自分でつくるための基盤なのです。

人生は選択の連続で、よい選択・賢い選択は有意義で豊かな人生が送れると、私は思っています。逆に愚かな選択は、人生にトラブルを持ち込みます。上手な選択って、遺伝子で決まるワケじゃなくて、訓練なんですよね。子どものころから自分のことは自分で決めさせることを、おすすめします

 子どもが未熟ゆえに間違った選択をすることがあっても、そこは焦ってはダメ。

間違ったっていいんです、人生は長いのだから、軌道修正ができます。間違った子どもは過度に助けず、親は見守ってください

 今どき、成人した子どもの就職や結婚にまで心配なあまり口を出す親もいますが、もちろん、そこはグッと我慢。もしくは……。

私が親として、子どもの選択のためにやったことは、選択肢の提示です。事前に資料を集め、研究をし、こちらを選べばどうなる、あちらを選べばこんなリスクがあるなどを説明して、最終的な判断を任せました。もし就職で悩んでいる子どもに何かしたいなら、フワッとしたイメージでものを言うのではなく、親がデータを集め知識を深めてから、話し合うのがいいと思います」