『爆サイ』に芥川容疑者が投稿した内容。末尾にはメールアドレスが

《サクッと稼ぎましょう…》

 主犯と思われる芥川豊史容疑者(39)が5月24日午後に書き込んだサイトの掲示板に、2人の男が食いついた。

被害者とは面識がない

 明らかに怪しい求人、リスクの高い誘い文句。

 ITジャーナリストの三上洋さんが、事情を解説する。

「応募してしまう人は、本当に金銭に困っているんです。きょう、あすに10万円、今週中に20万円が必要という切羽詰まった人が応募しちゃう。1日20万円とか50万円とか、まっとうな仕事だとは思ってないはずですから、ある程度の覚悟をして応募するはずです。今回の容疑者らも、事前にヤバい仕事をした経験があったのかもしれません」

 静岡県浜松市の看護師、内山茉由子さん(29)が、同県藤枝市の山中で遺体で発見された事件。逮捕監禁容疑で逮捕された名古屋市天白区の無職・鈴木充容疑者(42)と住所不定無職の伊藤基樹容疑者(28)は、掲示板の書き込みに応募した輩だ。

「伊藤容疑者は6月8日夜に警視庁赤坂署で逮捕。鈴木容疑者は11日に、自ら愛知県警中村署に出頭した」(捜査関係者)

 この2人が拉致監禁の実行犯だが、

「金儲けになる仕事があると話に乗ったが、怖くなって途中で逃げた。遺体の遺棄は知らない、報酬はもらっていない、などと供述しています。亡くなった内山さんとの面識はなかったようです」(全国紙社会部記者)

 3人のうち、まず芥川容疑者と伊藤容疑者が横浜市内で落ち合い、その後、新幹線で移動。JR浜松駅で鈴木容疑者と合流したと見られる。3人が一緒に歩く姿が、浜松駅の防犯カメラに映っていた。

 実行犯の2人は、5月26日午後6時ごろ、静岡県浜松市内のパチンコ店の駐車場で、パチンコ店の2階のスポーツジムから出てきて自分の車に乗り込もうとする内山さんを、そのまま拉致した。

 内山さんを運ぶ実行犯2人は、どこかのタイミングで芥川容疑者と落ち合っているが、計画の恐ろしさにビビって逃げ出したとされる。

 内山さんの親族からは、5月28日に行方不明の届け出が出されていた。