佐藤さんは写真を手に、家族3人の生活を振り返った

「別居している69歳の父が孤独死して、ひとりで処理をすることになりまして……」

 6月中旬、知人女性の佐藤由紀さん(仮名、34)からこう相談を持ちかけられた。

「6月9日に“新聞がたまっているから様子を見てくれないか?”と近隣の人から離婚した母に連絡が入ったそうです。訪ねた母が小窓から覗いたら、強い腐敗臭がしたので警察を呼びました」(佐藤さん)

霊安室で対面した父の姿

 警察が踏み込むと、父親は浴室で亡くなっていた。死後、約3週間だった。

 遺体を引き取る経緯について佐藤さんが事情を明かす。

佐藤さんの母親は、ゆっくりと過去を思い出すように話した

「父のきょうだいは引き取りを拒否し、母もしないと言う。私が引き取らなければ父は無縁仏になってしまうんです。気の毒だなって気持ちもありますが、それ以上に子どものころに家族で過ごした部屋を見たかった。

 家族がバラバラになってから、父がどんな生活をしてきたのかを見る責任が私にはあると思い、引き取ることを決めました

 しかし父親の遺体を引き取るにあたり、経済的な負担が重くのしかかる。劇団員をしながらアルバイトで生計を立てる佐藤さんに貯金はない。

「引き取るか否かを決める前に、父の貯金の有無を事前に確認することはできないと警察に言われました。父に貯金がなければ、私は借金を背負うことになる。その覚悟をして引き受けることにしました。母は再婚しているから迷惑をかけられない」(佐藤さん)