事件現場となった勤務先の工場

「死因は肛門から体内に入った空気が内臓を損傷させ、肺を圧迫したことによる窒息死だった。容疑者は“悪ふざけでやってしまった”と供述している」(捜査関係者)

 事件は今月13日午後5時ごろ、茨城県龍ケ崎市の建築用機械などを製造・販売する会社の本社工場で発生した。

 同社に勤務する石丸秋夫さん(46)の尻に向け、業務用『エアコンプレッサー』の空気を吹きつけて死亡させたとして、県警竜ケ崎署は翌14日、12歳年下の同僚・吉田佳志容疑者(34)を傷害致死の疑いで逮捕した。

肛門から高圧空気を一気に

「エアコンプレッサー」とは空気を圧縮する機械のこと。ため込んだ高圧空気をノズルなどから一気に放出し、ゴミや水滴を飛ばす用途などに使われる。家庭用のハンドガンタイプは自転車の空気入れなどに使われるが、業務用のパワーはケタ違いという。

 ある販売業者がその威力について説明する。

「一般的な業務用のエアコンプレッサーで使用する空気圧は1・0メガパスカル、10気圧分の強さに相当します。例えば風船に吹きつけると粉々になります。車のタイヤに空気を入れる空気圧でさえ0・2メガパスカルにとどまるので、人に向けるなんて信じられません」(ベテラン担当者)

 捜査関係者によると、吉田容疑者は事件当時、エアコンプレッサーで工場内のほこりを飛ばす作業をしていた。

 最初は石丸さんの背中に遠くから空気をかけていた程度だったが次第にエスカレートしていったようだ。肛門から高圧空気を一気に送り込まれた石丸さんは意識を失ってバタンと倒れ、搬送先の病院で死亡が確認された。

「2人の間に目立ったトラブルはなく、事件のときもケンカや言い争いをしていたわけではない」(前出・捜査関係者)

 あるいは、いたずらを仕掛けるほど仲がよかったとも考えられる。しかし、勤続30年の石丸さんに対し、吉田容疑者は数年前に入社したばかり。おちょくる気持ちがあったとも考えられる。