遺体が遺棄されていた容疑者宅の庭の一画。狭いスペースだった

 

「3月4日に車内で口論になった妻が我孫子市内で車を降りてから戻ってこない」

 それはとんだ猿芝居だった。

 嫁の遺体を実家の庭先に埋めたとして千葉県警柏署は7月18日、同県柏市の銀行員・弥谷鷹仁容疑者(36)と実母で茨城県取手市の会社役員・恵美容疑者(63)を死体遺棄の疑いで逮捕した。

いわゆるマザコン

 捜査関係者によると、鷹仁容疑者は「首を絞めて殺した」と妻・麻衣子さん(30)殺害をほのめかす供述をしているという。

「3月6日、鷹仁容疑者は警察に麻衣子さんの行方不明届を出していた。しかし、周辺の防犯カメラ映像を調べても妻が車を降りる様子が確認できないなど不審な点があったため、任意で事情を聴いていた」(全国紙社会部記者)

 鷹仁容疑者は犯行後、母親に泣きついたとみられる。恵美容疑者は自首を促すどころか共謀し、3月4日に母子の共同手作業で庭先に穴を掘り、麻衣子さんの遺体を隠した。

「“息子を守りたかった。頼まれて手伝った”などと供述しているそうだ」(前出・記者)

 鷹仁容疑者は3兄弟の長男。実家では両親と90代の母方の祖母の3人が暮らしていた。

中学時代の弥谷鷹仁容疑者(卒業アルバムより)

「鷹仁容疑者はいわゆるマザコン。お母さんが大好きだったそうで、お母さんの言うことは正しい、絶対だと思っていたらしいです」

 と、中学の同級生の父親は明かす。一方、恵美容疑者は「社交的なお母さん」との評判もあったものの……。

「恵美さんははっきりした人。もし息子さんがいじめられていたら黙って我慢するタイプではない」(別の同級生の母親)

「PTAの役員を務めたこともあり、学校に細かい要望やクレームを入れる“モンスターペアレントだった”って聞きました」(別の保護者)

 兼業主婦で夫と食品加工会社を経営。遠赤外線を利用したオーブンレンジの開発やピザなど食品の製造、販売。カフェも開くなど、いろいろなことに手を出していた。 

 鷹仁容疑者は獨協大学法学部を卒業後、千葉興銀に就職、2012年に現在のきらぼし銀行に転職した。麻衣子さんとは前の職場で出会い、結婚。一昨年には娘も誕生している。