【写真左】濱口竜介【同右】東出昌大

 恋愛の不思議さ残酷さを描いた映画『寝ても覚めても』が、公開中だ。メガホンをとったのは世界からも注目されている新進気鋭の濱口竜介監督、テレビや映画など多方面で人気の主演、東出昌大。リスペクトし合うというふたりに話を聞いた。

濱口監督が東出に熱烈オファー

濱口 この作品、妙齢の女性の感想は優しいものが多いんですよ。「こういうことってあるよねぇ」みたいな。逆に「女って怖いよな」という男性の感想もありましたけどね。人を真剣に愛した喜びや痛みを知ってる人ほど、楽しんでいただけるんじゃないですかね。

東出 そうですね。僕は今30歳で、自分が大人の恋愛をしてきたかどうかは、何とも言えないですけど。あと10年20年たったときに見返したら、よりいっそうよさがわかるだろうと想像できるぐらい、大人の恋愛映画だと思いますね。

濱口 恋愛ですごく喜びがあるのは、まったく他者だと思ってる人とつながる瞬間があるからですよね。でも、やっぱり自分とは別の人間だと気づく瞬間もある。喜びも痛みもあって、大人の恋は甘いばかりじゃない。そんな部分までも描きたかったんです。

東出 人を愛する気持ちは、永久凍土のように固まって保存できるようなものではないですよね。人の話を聞いてても、実体験からも、人を好きになることは素敵なことだけど、でも、はかなさや残酷さもある。その両方を描いているのがこの作品だと思います。

 この映画の企画が立ち上がったのは5年前。濱口監督が芥川賞作家・柴崎友香の書いた小説に惚れ込み、東出主演で映画化を熱望したのが、きっかけだった。

濱口 東出さんのデビュー映画『桐島、部活やめるってよ』の印象が鮮烈でした。見た目がすごくカッコいいのに、嫌みがない。会ったこともないのに“いいヤツそう”と思ってました。すいません、完全な視聴者目線で(笑)。

東出 いえいえ。お褒めいただき、ありがとうございます。

濱口 同じ顔をしたふたりの別人に出会ったとしたら、いったい何が決め手となるのか。今回の作品はありえないような設定なんですけど、日常ではたどりつけない感情まで描けるんじゃないかと思ったんです。そこで、タイプの違う二役を演じてもらうのは、東出さん以外、考えつきませんでした。

東出 最初にお話をいただいたとき、僕は『ごちそうさん』が終わった直後で。まだキャリアも全然ない僕にお話をくださって、うれしかったですけど。一人二役で、しかも関西弁というのが大変だなと思いました。

濱口 東出さんの出演が決まってから、台本を作り始めました。でも、撮るまでに時間がかかったんですよね。