子どもへの思いを書いたノートと送られてきた写真を見て思いをはせる雅美さん

「家族連れを見ると、息ができなくなるくらい苦しくなりました。長男は今、あれくらいかな、長女はこれくらいかな、とか考えます。

 赤ちゃんの泣き声を聞くと、なんであのとき、怒ってばっかりだったんだろうという後悔の気持ちで胸が苦しくなります」

 亀山雅美さん(仮名・38)は、もう5年以上もわが子に会うことができない現実を、寂しげな表情で伝える。当時2歳だった長男は小学2年生に、生後3か月だった長女は5歳になっているが、

「一緒にいることが当たり前だと思っていた子どもと会えなくなって、その存在の大切さがわかります。つらいです」

 と大粒の涙を流す。

血を流す父親の姿を見ていた息子

 きっかけは、自分にある。

「2013年8月12日に事件を起こしました。普段から夫は家に寄りつかず、帰っても週に1回。数日前に帰って来たときに、ケンカになりました。夫が“もういい”と言って子ども2人を自分の兄の家に連れて行ったんです」

 後に裁判所が《幼い2人の子どもを抱えて育児に奮闘し、夫との不仲もあって孤立する中で、子どもと引き離されてさらに精神的に追い詰められて》と認定した、ひどい時代。

「私はどうしても長女にお乳をあげたくて、自分の家に帰してもらったんですが、長男を帰してもらえなかった。それが許せなくて脅かしてやろうと思って、家にあったいちばん小さな刃物だった果物ナイフを持ち、長女を背負って義兄の家に行ったんです。

 夫と口論になりました。私がナイフで脅すと、やれるもんならやってみろと挑発されて、刺してしまったんです」

 義兄に取り押さえられ、警察も駆けつける。その間、夫は、妻に刺され血を流す姿を2歳の息子に見せていた。

 夫は全治2週間。

 雅美さんは殺人未遂で現行犯逮捕され、8月30日に傷害罪などで起訴。懲役1年6か月、執行猶予4年の有罪判決を受けた。

 '04年9月に母が亡くなって以来、疎遠になっていた義父が身元引受人になってくれたという。