「嫁姑」問題について読者300人に緊急アンケートした結果、お金をめぐる不満の声が多数寄せられた。ヨメトメがお金の不満をぶっちゃけます――。

【孫マネー】

20150915_yome-shuto_44-1

「姑が子どもを連れて出かけることがしばしば。引き取りに行くと必ず“お菓子や洋服を買ったから。コレ、よろしくね”と代金を請求されるんです。子守りも買い物も頼んでないし!」(嫁30歳・会社員/姑58歳・専業主婦)

 孫がかわいいあまり、好きなものを買ってあげたり、子育てに介入したりと、愛の形はさまざまだ。

「娘の意思を尊重して習い事を選ばせたかった私。自称・お嬢さまの姑は、茶道や華道、習字などを習わせる気満々。“あたしがお金を払うんだから任せて”と言われたものの、娘が嫌がって習い事に行かなくなったので、残りを学費としてもらいました」(嫁48歳・パート/姑73歳・専業主婦)

 嫌なことは子どもを通して表現すると角が立たないのかも。姑からはこんな意見が。

「息子夫婦が住む東京へ年に2回、夫と泊まりに行きます。お嫁さんは“たまの東京ですから、贅沢(ぜいたく)してください!”とホテルを予約してくれて、宿泊費も息子夫婦持ち。でも、お金なんて払わなくていいから、孫といっしょに過ごさせて!」(嫁26歳・保育士/姑49歳・公務員)

気を遣っているんじゃなくて“家には泊まってほしくない”がホンネだったりして!?

「孫のために、かわいい洋服を見つけたら買うんです。孫がいつも着ている安物ではなく、フリフリの洋服を選ぶんですが、嫁はうれしくなさそうだし、全然着させない。お金がかかっているから、うれしそうにしてほしいし、着てるところを見せてほしい」(嫁30歳・会社員/姑62歳・パート)

 自分の趣味や気持ちを押しつけて“感謝しろ”は身勝手!?

【介護マネー】

20150915_yome-shuto_44-2

「夫の実家は自営業、舅(しゅうと)が亡くなれば国民年金だけ。しかも事業に失敗して財産はゼロ。最近の姑は“じいじが死んだら私は浮浪者になる”とか“ライフラインを止められて白骨化して発見される”とか悲惨な話をします。私たちに面倒見てほしいの?」(嫁33歳・専業主婦/姑64歳・パート)

 不況の現代、自分たちの生活だけでも精いっぱいなのに、好きでもない他人同然の姑の面倒なんて見てられない! という嫁の声多数。

「舅の浮気で熟年離婚した姑。退職金やら慰謝料で儲(もう)けて、気楽なシングルライフを超楽しんでいてうらやましい。今は羽振りがよくて援助してくれるけど、経済観念が心配。素直に受け入れることが怖くなってきた」(嫁40歳・会社員/姑68歳・無職)

 お金がなくても心配だし、あっても不安になる嫁心……。介護お断り嫁だけではなく、こんな声も。

「よぼよぼなのに、ひとり暮らし中の姑。共働きの私たち夫婦に面倒をかけられないというけど、警備会社の見守りサービスのほうが高くて大変なんですよ。お金的にも気持ち的にも、私たちはうちに来てもらったほうが安心なんですよ」(嫁55歳・契約社員/姑82歳・無職)

 気遣いはいいけど、お金と安全のことも考えて!

「舅からは、私たちにお金を残すので介護を頼むと言われているけれど、どうも姑は自分たちで使いきるつもりらしい。ボケる前にお金の話を詰めさせて!」(嫁48歳・パート/姑80歳・無職)

 ボケてしまったら、お金の話もできないので、元気なうちにある程度メドをつけておきたい!

 さらに、周囲を巻き込んだ財産問題も……。