共働き家庭の数は右肩上がり。自身も家計のために働き、お金の管理もしっかりとこなすのがワーキング妻。

「私も夫も働くことで、老後の蓄えを少しでもしておこうと思って。家のローンもまだ残ってますし、子どもの将来を考えたら、もっと頑張ろうと思いますね。どうしても週末にしか時間が作れないので、家族そろって出かけることは多くないです」(34歳)

 ローン返済や貯蓄など、将来のことを計画的に考えている。自分はもちろんのこと、夫の無駄遣いも許さない女性が多数。

「夫に渡す毎月のお小遣いは3万円。どうしても足りないときは要相談ということにしています。私自身もクーポンやカードで貯まったポイントを使って買い物をしたり、できることはやってますよ」(42歳)

「息抜きのため夫婦で土日はウォーキング。健康にもいいし、お金もかからないですから(笑い)」(39歳)

 家庭も仕事も完璧にこなす、やりくり上手のワーキング妻。一番の悩みは何なのだろうか? 3人の子供を育てるNさんに話を聞いてみた。

■自営業のため、個人年金や老後の蓄えも必要

20151027_p6_900_1

Nさん(41) 結婚20年目

夫の職業/大工

子ども3人(長男19歳・長女17歳・次男16歳)

 “ゴッドハンド”と呼ばれるベテランエステティシャンのNさん。 私立大学に通う長男と高等専門学校に通う長女、私立高校に通う次男の、3人の子どもの学費と仕送りで年間300万以上かかることが悩みのタネ。

「私は高卒だし、高校を中退して大工になったダンナは中卒。せめて子どもたちには十分な教育を受けさせたいと思っています。しかたないことなんですけど、経済的にはやっぱり苦しいので、私の実家から援助してもらってます」

 腕のよい大工として評判の夫。年収は平均850万円。これにNさんの収入と実家からの援助を足すと、年収は1200万円ほどになる。しかし自営業のため、個人年金や老後の蓄えなども必要だ。

「今は雇われの身ですが、指名してくださるお客様も多いので、いずれ独立したいなとも思ってるんです」

 という野望を抱くNさんは、エステティシャンとしての自分磨きにも余念がない。

「大手エステサロン主催の講習会に参加したりして、常に最新の技術や情報を取り入れるようにしています。お客様がガッカリしないように、自分自身のケアも怠りません」

 と話す彼女の自宅には、スチームマッサージ器やハンドローラーなどの美容器具がそろえてあり、アンチエイジングは欠かさない。

 21歳という若さで、高校時代の先輩だった夫と結婚。出産したNさんのママ友は年上ばかり。加齢による容貌の衰えに対する嘆きは参考になることばかりだという。

 エステティシャンは体力がいるし、肩こりや腰痛もつきものなので、ジムや整体にも通っている。

「子どもが手を離れたことで、ようやく自分の好きに使える時間ができました」

 “エステティシャンは天職”と言い切るほど仕事に燃えるNさんだが、主婦である以上、家事労働もしなくてはならない。

「洗濯は乾燥機付き洗濯機でパパッとやっちゃうし、掃除は趣味みたいなものなので全然苦じゃないです。床や壁を磨くことがストレス解消になってるくらい。

 料理は、正直、面倒だと思うことがありますね。ダンナと子どもたちは、好みも食事の時間も違うので、ヘタするとずっとキッチンにこもりっきり。機能的なお気に入りの家電を使いこなして乗り切ってます」

 キッチンはもちろん、家の中はどこもかしこもピカピカに磨き上げられている。

「テレビの上にホコリとか窓ガラスに指紋とかイヤなんです。水まわりの水あかやカビも許せない」

 というキレイ好きのNさん。靴下を脱ぎっぱなしにしたり、雑誌や新聞を読みっぱなしにする夫に限界を感じ、夫婦の寝室から追い出したとか。しかし、

「月イチペースでダンナが夜這いをかけに来ますよ(笑い)。ダンナのことは別に嫌いじゃないですし、何より女性ホルモンを活性化させることも、アンチエイジングには大事なことですからね〜」