■「夢」のサロンに集う3人の女

 その隠れ家サロンがあるのは、東京・表参道。女たちはシルクのシーツにくるまり、アロマの香りに満たされながら、美しい男が見せてくれる温かな夢で癒される──。

20150915_book_1

 リアルな性を交えた恋愛エッセーや小説で、絶大な人気を誇るLiLyさんの最新作『眠りの部屋』は、読み進むうちに、さまざまな年代や立場の女性たちの欲望や悲しみ、喜びを浮き彫りにしていきます。

「私自身、原稿と育児で大変すぎて、慢性的な睡眠不足だった時期があるんです。子どもは可愛いし、仕事だって面白い。でも、甘えベタで、“息抜きしたいから、子どもをちょっと見てて。カラオケ行ってくるね!”なんて、母親としては絶対に言ってはいけないことだと思っていて」

 遊びたいではなくて“眠りたい”と祈るように思ったといいます。

「つらい現実から逃げたいんだけど、死ぬなんて無責任なことはできない。死ぬことなく逃げるには、眠るしかないんです。素敵な夢を見ながら、眠りたいなと思っていました」

 そんな中で、依頼されたのが「明晰夢」をテーマにした小説。偶然に驚くと同時に、極上の男が極上の眠りを提供する設定が、すぐに浮かんだといいます。

「3か月半というタイトなスケジュールで書いた本なのですが、自分の人生とシンクロして前進していく感覚があり、一生、忘れられない小説になりました」

 物語は、主人公のサロン経営者・童夢と、タイプの違う3人の女性たちが進めていきます。30代前半の花は、ひとり娘のスミレを抱えたシングルマザーで、知性はあっても浮世離れした童夢を、サロン経営とプライベート、両方で支えています。20代半ばの千夏は、壮絶な家庭環境から抜け出すために、愛され、守られて育った学歴のいい男との結婚をほぼ手中に収めるところ。そして、千夏の相手の母親である60代の愛美は、暴走した母性にのみ込まれつつあります。

「登場人物はみんな、闇を持っていて、書いていて引きずられそうになることも。特に、愛美は強烈ですよね。息子の婚約者である千夏が気に入らないからといって、イヤらしい合成映像は作るわ、あらゆることをやる(笑い)。ただ、わが子を愛する親なら、誰しもが愛美に共感する部分はあるはず。愛情って、時に怖いです」