餓死して7年以上とみられる齋藤理玖くん(死亡推定当時5歳)の白骨遺体が、自宅で発見されたのは昨年5月のこと。殺人罪などに問われた元トラック運転手の父・幸裕被告(37)は、理玖くんを置いて家出した母親(33)に責任転嫁するような証言を繰り返した。その母親が裁判で語ったのは……。

20151020atsugisatsu005 (3)
イラスト/スヤマミヅホ

「事件はニュースで知りました。気が動転してしまって、ひとりではどうしていいかわからず、お世話になっている知人のところへ行って、弁護士さんと一緒に警察の方に会いに行きました。(息子が餓死するのなら)迎えに行きましたし、こういうふうにはならなかった。……私に責任があると思います。後悔しています」

 横浜地裁で厚木事件の第8回公判が開かれた10月1日、理玖くんの母親は証言台で声を詰まらせ、涙ながらにそう語った。18歳で高校を中退し、デキ婚で齋藤幸裕被告の子どもを産んだ幼妻だった。

 証言台の周囲には巨大な衝立が用意され、傍聴席からは母親の姿は見えない。しかし、被告や裁判員からは確認できる。裁判員は食い入るように母親の姿を見つめた。

 そして……理玖くんの父親で夫の幸裕被告は、あろうことか被告人席で寝ていた! 午前・午後にわたる公判のほぼ半分近い時間を寝た。わが子に満足な食事を与えず餓死させた疑いがかかっているのに、よく眠れるものだ。背もたれに体重をあずけ、足を伸ばしてリラックスしていた。

 9月28日の第6回公判でも居眠りしている。刑事や検察の取り調べを録画したDVDが流されたとき、被告は計約30~40分は眠っていた。それに気づいた60代ぐらいの女性裁判員は、何度も被告の様子をうかがっては、露骨に眉間にしわを寄せていた。寝不足なのか、興味がないのか、妻の顔を見たくなくてふて寝を決め込んだのか。

 被告は本人尋問で妻に対するDV疑惑を「夫婦ゲンカだ」と否定した。しかし、妻は反論した。

「彼が一方的に殴ったり、蹴ったりしました。交際当初からそうでしたが、結婚してさらにひどくなりました。セックスは家出直前までほとんど毎日、ムリクリやられていました。イヤでイヤでしょうがなかったのですが、抵抗すればまた殴られるので……」

 夫に内緒でコンビニや風俗で働いたこともあったという。

「彼の給料は知らなかったのですが、手渡される額が毎月5万~10万円ぐらいでしたから、それだけでは足りなくて、理玖に新しい服も買ってあげたかったし、自分でも自由になるお金が欲しかった」