「♪男と女の間には〜」なんて歌がありましたが、異性ってなんだか理解しえないことばかり!

 でも、国内外の研究者たちによって、男女がうまくいくための科学的&医学的根拠が多数立証されていることをご存じですか? エビデンスやデータによって病気が予防できるように、科学的根拠に基づけば男女の仲だって予防、リハビリ、改善が可能なんです。

平野ノラさんと医学博士で医療ジャーナリストの森田豊先生 撮影/竹内摩耶

 自らを“肉食”と分析し、実践的恋愛テクでアタックし続けてきたという平野ノラさんが、理論的恋愛テクを提唱する医学博士で医療ジャーナリストの森田豊先生と緊急対談。本能VS科学……世代もジャンルも違う2人の恋愛トークは、「おったまげぇ!」な展開に!!

平野 男女関係を円滑に進めるための森田先生の恋愛エビデンス、たっぷりと学ばせていただきます!

森田 ノリにノっている平野さんのお役に立てるなら! さっそくですが、平野さんのバブリーな赤い衣装は◎です。

平野 そうなんですか!?

森田 「ロマンチックレッド効果」といって、男性が赤く着飾った女性を見ると、その女性に魅力や興奮を感じやすくなるという研究結果があるんですよ。

平野 「赤いものを身につけたほうが運気が上がる」ってアドバイスをされたのですが、まさかそんな効果があったなんて。ちなみに、下着も全部赤なんです。身体を温める効果もあるからって。

森田 いや、その効果は医学的に立証されていません。

平野 ないんかい! OK、バブリー!

森田 (笑)。平野さんは異性の気を引くために何かしていることってありますか?

平野 オリジナルのあだ名で呼ぶとかですね。例えば、先生なら「もりぴ〜」かな。

森田 それはテンションが上がる! 実は、「僕」「私」ではなく「僕たち」「私たち」と呼ぶことで、男女間の信頼関係が上昇すると言われています。自分たちだけの呼び名をつけることも共通意識の上昇、親密度アップにつながるでしょうね。

平野 ありがとう、もりぴ〜! あとは、ほかの人が気がついていないその人のいいところをさりげなくホメる。「気がきくね〜」とか「しっかり者だね!」とか。好きになった人のことをしっかり見るようにしていますね。