雅子さまも足を運ばれることが多い国立劇場の50周年行事で(9月28日)

  皇太子ご夫妻が9月21日に訪問されたのは東京・杉並区の特別養護老人ホーム「第三南陽園」。同老人ホームの園長・榊美智子さんがこんなエピソードを教えてくれた。

「9月29日に、お礼の記帳のために東宮御所にうかがいました。

 すると皇太子さまからの預かりものがあるとのことで、ヴィヴァルディ(イタリア出身の作曲家)の『四季』と、ほか2曲の計3曲が入っているCDをいただいたのです」

 昨年から「こどもの日」にちなんだ児童施設、「敬老の日」にちなんだ高齢者施設への訪問を天皇・皇后両陛下から託されたご夫妻。

 秋篠宮ご夫妻と毎年、交互にそれぞれの施設を慰問することになったが、今回は引き継ぎ後、初めての老人ホームへのご訪問となった。

「雅子さまが老人ホームを訪問されたのは13年ぶりでしたが、緊張することなくお年寄りたちと親しく交流されたようです」(宮内庁担当記者)

 皇太子さま(56)からの“預かりもの”について、榊園長が続ける。