イラスト/まんしゅうきつこ

 ショップ店員など普通のバイトから、脚フェチモデルなどのエロ系まで、幅広いジャンルをこなしてきた人気漫画家・まんしゅうきつこ先生に、思い出に残っているバイト秘話を聞いてみた。

いちばん楽だったのは“友達のふり”バイト

 今までいろんなバイトをしてきましたが、いちばん印象的だったのが、知らない男性の家に行き、“話し相手”になるバイトです。なぜこのバイトをやることになったかというと、キャバ嬢の友達がいたんですが、その子は愛人や脚フェチモデル、ネットオークションで自分のパンツを売るなどいろんなことをしていたんです。彼女が忙しくなって愛人契約をした男性の相手をしている暇がなくなったんですね。それを引き継ぐ形で、その愛人の話し相手になるバイトを始めました。

 男性の部屋に行くのは週3回で、1回6時間ぐらい。友達がいないオタクっぽい人でした。彼の話を聞いていたり、まったく彼が話さない日もあるので、そういうときはずっとゲームしていたり。1か月でだいたい8万円ぐらいもらってました。身体の関係があれば、もうちょっと高いらしいので「1回くらいヤッてもいいんですよ」と言ったら断られたのがいい思い出です。慣れれば友達の家に遊びにいく感覚なので、すごく楽でしたね。

意外と経費がかかる脚フェチモデルバイト

 脚フェチモデルのバイトも、同じ友達の紹介で始めました。バイトの内容は、ホテルの一室を借りて、そこでカメラ撮影をします。撮影料は1万8000円ぐらい。ミニスカートをはいて行くんですが、脚フェチといいながらも、みんなパンチラを撮りたいんです。脚を組み替えるたびにシャッターを切るんですけど、私は撮らせないようにしてたんです。本当はパンチラを撮らせるほうが、撮影会にも呼ばれる回数が増えるのでいいんですが……。

 あと、この時期は地方に住んでいたので、撮影会のたびに東京に出てくるお金や、衣装も毎回替えるので、お金がかかる。近所のマックでバイトしているのと変わらないな、と思って、半年ぐらいでやめましたね。